◆巷に溢れる「北欧の暮らしは幸せ」説はどれほど本当なのか (1:2016/11/04(金) 19:45:27.86 ID: )


◇アル・ジャジーラも認める北欧幸福神話

北欧諸国といえば、税金は高いが充実した福祉が存在し、経済は概ね堅調でしかも労働時間が短く、民主的で腐敗の少ない政府を持ち、そのうえ、シンプルでオシャレな家具が溢れる地上の楽園というようなイメージがあるのかもしれない。
実際に英国にあるレスター大学の心理学部の「人生の幸福度指数」という調査では、デンマーク人が人類でもっとも幸福な国民に選ばれている。

2011年に国連が行った世界幸福度レポートでも1位がデンマークで2位がフィンランド。
ノルウェーが3位でスウェーデンが7位という結果もある。

HONZでも最近、新メンバーの堀内勉が『フィンランド人が教える本当のシンプル』という本のレビューを書いている。
本書『限りなく完璧に近い人々』によれば、フィンランド人は朝の8時から仕事を始め夕方の4時くらいで仕事を切り上げる。

仕事と家族、そして個人の自由な時間とのバランスを大切にしており、夏休みは平均で4週間もあり、多くの国民が田舎にコテージを所有している。
そこで長い夏休みを何もせずにゆっくりと過すという。

実に羨ましい話だ。
OECDが暮らしの11分野について行う調査でも全ての点で調査国の平均値を上回り国民が「人生に満足している国」と評価されている。

このような結果を受け、高負担、高福祉国家である北欧諸国を自国のモデルとするべきだという意見が根強く存在する。
しかし、本当に北欧諸国は地上の楽園なのだろうか。
デンマーク在住の英国人である著者は、上記のような巷にあふれる北欧の国々の幸福神話に疑問を持ち独自の調査を開始する。

取り上げられている国はデンマーク、アイスランド、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンだ。
英国の日刊大衆紙からアル・ジャジーラまでが認める北欧幸福神話に対して、わざわざ斜に構えるとは風変わりな著者だと思って名前を見れば、マイケル・ブースとある。

熱心なHONZファンなら聞いたことがある名前だろう。
以前に田中大輔がレビューした『英国一家、日本を食べる』の著者である。

同書では斜に構えた視点持ちながらも的確に日本の文化の真髄を理解し、皮肉とユーモアたっぷりの文章で日本食をレポートしている。
そんな著者が北欧諸国について取材しレポートしているのである。
ページをめくる前から期待感が湧いてくるではないか。

◇フィンランドの銃所有率は世界第3位

では北欧諸国は、それほどうまく行っているのか?
答えはイエスでもありノーでもある。

例えばフィンランドを見てみよう。
『フィンランド人が教える本当のシンプル』では見えてこない一面が見えてくる。

著者ははっきりとフィンランド贔屓であると公言し、その素晴らしさを最初に謳う。
優秀な国民、公共マナーの良さ(他の北欧諸国は意外にマナーが悪い)、国際ランキング1位の教育制度、格付け機関からトリプルAを付けられる健全な財政、もっとも公的機関の腐敗が少ない国などなど。

しかし、その半面では国民の銃の所有率は世界第3位で殺人の発生率は西ヨーロッパ(原文ママ)で最高という負の側面があるのだ。
またフィンランド人が摂取している処方薬のトップスリーは1位が抗精神病薬、2位がインシュリン、3位が別の抗精神病薬だという。
向こう見ずな大酒のみが多く、自殺の発生率が非常に高い。

どうであろう、このような点だけ見ても映画『かもめ食堂』的なフィンランドのイメージが揺らぐのではないだろうか。
では、「人生が辛いと感じるか」という質問に「はい」と答えた国民がわずか1パーセントしかいないとされるデンマークを見てみよう。

この国では労働人口の20パーセント以上が働いていないという。
失業者は就労時の賃金の90パーセントを2年間も保障されている。

ダイヤモンド・オンライン 2016年11月4日
http://diamond.jp/articles/-/106744
http://diamond.jp/articles/-/106744?page=2
http://diamond.jp/articles/-/106744?page=3

 
2:2016/11/04(金) 19:45:41.12 ID:                      

手厚すぎる失業保険があれば働かない人々も出てくるであろう。
北欧のような高福祉政策をとれば、このようなコストとも向き合わなくてはならない点はしっかりと考えるべきだ

またデンマークでは、多くの世帯で貯蓄がゼロなのだとか。
さらに貯蓄ゼロだけならまだしもデンマーク世帯は多額の借金を抱えている。
IMFの調査ではデンマーク人は平均して年収の310パーセントの負債を抱えているという。
医療や教育がタダで失業しても収入が断たれることのないデンマーク人のお金の使い方は実に刹那的なのだ。

一方でデンマークの高福祉政策は綻びが見え始めているという。
いずれ、隣国スウェーデンのように大掛かりな制度改革が必要になってくる。
福祉政策の縮小が始まったとき、彼らはどのように膨大な負債を乗り切るのだろうか。
これが「人類でもっとも幸福な国民」のもうひとつの側面だ。

著者はデンマークの「ヒュゲ」という概念に対する苛立ちもみせている。
この概念は日本の「空気を読む」に少し近い感覚なのだが、アングロサクソン人の著者からは、全体主義的な概念に見えるようだ。
このあたりの文化的摩擦だけでも本書を読む価値はあると思う。

メディアに溢れる北欧賛歌の裏側にある生身の北欧を見つめれば彼らの社会にも様々な矛盾、問題が溢れていることがわかる。
それでも彼らは自分達をこの上なく幸福な国民と考えているのだ。
彼らの幸福感の源泉がどのようなものなのか、北欧を論じる際には社会の深層までえぐる必要があることを痛感させられた。

(▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

※以上です。

みんなの意見

13:2016/11/04(金) 19:49:44.42 ID:

デンマークのヤンテの掟

1、自分の事を特別な存在だと思ってはならない
2、自分は他人よりも善良であると考えてはならない
3、自分は他人よりも賢い人物であると思ってはならない
4、自分は他人よりも優れていると思ってはならない
5、自分は他人よりも知識が深いと思ってはならない
6、自分は他人よりも重要な人物であると思ってはならない
7、自分は何かに秀でていると思ってはならない
8、他人の事を笑ってはならない
9、自分が他人から気にかけてもらえると考えてはならない
10、自分が他人に何かを教えられると思ってはならない

この掟大好き

16:2016/11/04(金) 19:52:06.26 ID:

 ___ ♪
`|◎□◎|  ♪
二二二二二|
      ∧_∧       さっさと
      (´・ω・`)つ─◎ 北欧に引越ーし
  /´ ̄し’ ̄し’ \ /// 
 ̄|  、_人_ /  彡 ◎
  |  _)  ◎彡| | バン
  |  ´`Y´   | |バン
  t______t,,ノ
25:2016/11/04(金) 19:54:57.83 ID:

収入の半分くらいが税金とか……
さむいから家で過ごすことが多いでしょう
外食なんて すごい税金とられそう
39:2016/11/04(金) 20:01:01.27 ID:

日本人で北欧に嫁いだ人のブログを読んだが旦那は男尊女卑で亭主関白。
少しでも掃除を怠ったり旦那が帰って来てテレビ見てるだけで、ネチネチ注意される
たまに日本に帰って来て日本のここがダメだ!と偉そうに書いてあって、豊かな暮らしとは別物だった
本人は北欧で暮らして人気ブロガーのつもりなんだけど旦那はハゲだし白人ぽいカッコ良さが皆無で全然羨ましくなかったわ
46:2016/11/04(金) 20:05:13.28 ID:

北欧のどの国か忘れたけど
その辺の森に松茸がたくさんあるって聞いたな
匂いが臭いから誰も食わないんだってさ
今年は松茸食えなかったなぁ
48:2016/11/04(金) 20:10:06.65 ID:

デンマークとかオランダだっけ
夕方4時とかに仕事が終わりだっていいじゃん
それで夏休みも1~2か月とか最高じゃん
54:2016/11/04(金) 20:09:14.47 ID:

『フィンランド』 リチャード・ルイス
むかしむかし、そのまたずっとむかし、ずっと向こうの北極圏の近くに陸地がありました。
寒々とした、荒涼たる森がいくつかと、湖がいくつかありました。
そこにはクマやオオカミやヘラジカやオオヤマネコが住んでいて、自由に歩き回っていました。

この地には、人間はまだ誰も住んでいません。ある時、奇妙な種族が遠くからやってきました。
家を建てるために木を切り出し、開拓した土地には農作物を植え、川や湖で魚をつかまえました。
彼らは、非凡な人たちでした。
独立心が強く、一生懸命働くけれども野心はなく、自分たちが正直者であるという評判を守ろうと、気を配っていました。
清潔を重んじる習慣を持ち、体も健康で、戸外の生活を満喫していました。
彼らは、あまりおしゃべりをしませんでした。
多弁、とりわけ自慢はタブーだったからです。
彼らは新天地で手に入れた素晴らしい場所をとても気に入ってました。

しかし、よその国と同じように、彼らの国のまわりには彼らを妬む者たちがいました。
だから自分たちの領土を守るために、彼らは何度も戦わなくてはなりませんでした。
しかしいつも勝利できたわけではありません。長い間、服従を強いられました。
それでも困難と屈辱にもめげず、あきらめませんでした。
そしてついにその土地を完全に自分たちのものにすることができ、その後今日に至るまで、ずっと幸せに暮らしているということです。

58:2016/11/04(金) 20:10:36.63 ID:

>>1
北欧やロシアに酒飲みが多いのは昔からだから仕方ない。寒さと関係あるんじゃないの。抗精神薬とかって、日照時間が少なくて鬱病になりやすいからじゃ?地理的問題でしょ。
いずれにせよ、もうすぐイスラム難民が北欧の文明を終わらせるよ。
63:2016/11/04(金) 20:12:30.38 ID:

65:2016/11/04(金) 20:12:52.63 ID:

白夜とかヤダ

スポンサードリンク

70:2016/11/04(金) 20:17:09.24 ID:

>>1

私は日本に来て、とてもホッとしました。
それは、「日本では女性らしくしてもいいんだ!」と思ったからです。

スウェーデンにいる時、無意識ではあっても常に男と競争をしていたのが日本に来て初めて気づきました。
スウェーデンという国には男女平等が進んでいますが、何かズレている部分がある様な気がします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平等というのは、男女が同じことを同じように同じ量をこなすということではなく、
男女関係なく、皆がそれぞれ自分らしくいられる環境であれば、私から見たらそれが平等だと思います。
残念ながら、スウェーデンの場合、途中でどこか曲がった方向に行っているような気がします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  スウェーデンにいる時、そんなことを考えたこともなかったのですが、

  日本に来たら全てが楽になりました。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  初めて自分らしくいられて、“女性らしく”していても、

  「自分を男性より下に置くということではない」ということが始めて分かりました。

http://blogs.yahoo.co.jp/ulrikayui/15227659.html

  そもそも、“フェミニズム”(=男女共同参画)の根源も“マルクス=エンゲルス主義”で、
  『“一夫一婦制”とは、夫婦の“階級対立”である』という“偏った解釈”が基本にある。

  そして、【夫は家族の中で“ブルジョア”で、妻は“プロレタリアート”である】と既定され、
  「家族から女性が解放される」為に、『全女性の労働参加』と『家族の解体』が謳われている。

   http://www.sei☆saku-cen☆ter.net/node/290

.

77:2016/11/04(金) 20:20:25.38 ID:

>>1
「北欧の全女性就労モデル」は“たいへんなコスト”がかかり「高額の税金」を必要とする事が判明した。
家庭で介護(子育)をしていた女性達は、公的機関の職員となり他人の親(子)を介護(保育)する様になった。
なんのことはない、 「税金を払って、そこから介護(保育)手当をもらっている」 ようなものである。

  ちなみに、 「税金や保険料」 は “給料の約半分” だそうである。
  それで仕事や給料での男女差別はなくなったか。 “なくならない” と女性達は苦情をいっている。
  賃金は女性の方が34パーセントも低いと。 多くがパートの仕事しかないからである。
  
  「家庭教育は軽視」 され、子どもは早くから 「自立を強制」 される。
  H・ヘンディン教授の報告書によると、スウェーデンの女性は、子どもに対する愛着が弱く、
  早く職場に戻りたがり、その為に子供を十分構ってやれなかった事への有罪感があるといわれる。
  
  しかし、子どもにとって、これは不安と憤りの深層心理を潜在させることになる。
  ヘンディン教授は、 「自殺未遂者の多くは、母性の希薄さを中心に生まれる男女関係、
  母子関係の緊張という心理的亀裂ないし深淵」 を指摘している。

では、北欧型福祉モデルはなぜ破綻したかのか。 それは産み出した思想が間違っていたからである。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その思想とは、 「子育てや老人介護を家庭の中でやると、必ず女性が損をする(と勝手に決めつけ)、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だから、社会(公的機関)が行うようにすべきだ」 というものである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   その背後には、 「男女の役割分担は悪である」 というのが、その基本的な考え方である。
   この考え方の中にこそ、 「北欧型福祉モデル」 が “破綻” した根本原因が潜んでいる。
   http://www007.upp.so-net.ne.jp/☆rindou/femi11.html  (一一〇四二〇一九)

〓〓〓〓〓〓 【元東京女子大学 文理学部 教授 日本ユング研究会 会長  林 道義】 〓〓〓〓〓〓
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ˉ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ˉ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ˉ ̄ ̄ ̄ ̄

  最近、米国立衛生研究所が研究費用を拠出し、米10都市の乳幼児1,364人の育っていく過程を、
  10年間に亘って追跡調査した結果がある(この様な調査は、公的な保育調査としては最大規模)。

それによると、生後3カ月から4歳半までの時期に、保育園等に週30時間以上預けられた子供の17%は、
幼稚園でほかの子どもに乱暴に振る舞ったり、先生に反抗したりする傾向が強かった。
週10時間以下の子どもが、幼稚園で問題行動に走るケースは6パーセント以下だった。

対象となった子どもの託児時間は平均で週26時間。預ける先が“保育園”でも“託児所”でも、
“自宅ベビーシッター”に見てもらった場合でも結果は同じ。子供の性別や家系も結論に影響しなかった。

     この結果は、「子どもが乳幼児期に安易に夫婦が共働き」をし、
     「子どもを他人に預ける」というアメリカ-スウェーデン方式がいかに“危険”かを示している。

  アメリカでもスウェーデンでも『犯罪』がつねに“高レベル”だということと、
  子どもの発達の過程で“攻撃性”を増していることとは、決して「無関係ではない」であろう。

    乳幼児期には「母親の優しさと温かさ」が“必要”であり、それを十分に受けてこそ、
    その後の人格形成がうまくいく。 母子の愛情による繋がりが、
    不十分だった人間は“情緒不安定”で、“攻撃的”になって、のちに“いじめっ子”になりやすい。

保育園を増やすのが善政だという思想が政界に蔓延し、社会を“家族単位”から“個人単位”に改悪させようとしている。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/☆rindou/femi14.html http://www007.upp.so-net.ne.jp/☆rindou/sunpyo.html
.

90:2016/11/04(金) 20:34:19.50 ID:

>>13
土人ジャップにゃ無理無理
一行目の途中で読むの止める
反論したら、嫌なら出ていけ
105:2016/11/04(金) 20:46:26.15 ID:

>>13
見事に真逆の人間だわ俺
ある意味感動した
トマソンとかめっちゃ良い人っぽいもんなぁ
来年から一個ずつ直していってみるわ
144:2016/11/04(金) 21:29:12.57 ID:

噂通りホントに幸せだとしても俺はやっぱこの国がいいわ
162:2016/11/04(金) 21:55:32.74 ID:

>>13
これ三つくらいに集約できちゃうような…。
173:2016/11/04(金) 22:01:56.04 ID:

今ブエノスアイレスから書き込んでいるが北欧はまじどよい 寒さだけきつい
175:2016/11/04(金) 22:03:44.73 ID:

ブータンの暮らしも幸せらしいけど
要は時間に追われる先進国の生活は
ストレス溜まって苦痛ってことじゃ
177:2016/11/04(金) 22:05:27.32 ID:

月曜日にジャンプ売ってないから嫌だ。
185:2016/11/04(金) 22:11:40.10 ID:

独身時代ノルウエー大使館と良く仕事してたけどとにかく離婚多いよ
女性は離婚したのばっかり、シングルマザーがとにかく多い

みんな女性も170㎝とか180㎝近くて普通。
そのでかい体で女も男と競争して働かないといけない、子供と暮らしたいのにって。
日本の女性は男性に堂々と依存できて
日本の男性は妻は一人で添い遂げるのが望ましいって考えで
うらやましいって言ってたなあ

192:2016/11/04(金) 22:21:33.14 ID:

>>185
風俗大国で仮面夫婦も多いけどな

何もかも良い国なんてものはどこにもない
世界を知って悟るか
他を知らずに生きるかのどちらかでしか満足できない

197:2016/11/04(金) 22:28:32.87 ID:

>>192
そのノルウエーのシングルマザーの言う事にゃ
そのぶん欠損家庭の子供達が増えて、
学校にも片親になった子のための心理ケアの専門家もいて
シングルマザー家庭への社会保障費が莫大になって国家予算と税収をかなり取ってるんだってさ
男女同権と結婚の自由は理念はいいけど
こんなの望んだ社会の形じゃないといってたよ
200:2016/11/04(金) 22:32:22.87 ID:

>>173
ブエノスアイレスで思い出したが、
タンゴの発祥はフィンランドなんだってな
アキ・カウリスマキの映画で見た
203:2016/11/04(金) 22:35:13.43 ID:

北欧は4,5回旅行した、アメリカには2年住んだ。

私は日本は一種のユートピアだと思う。

生活保護を受けていても最高峰の東大病院にかかることもできるし
女の人が夜、一人で歩ける。
飢えて死ぬ人はいない。
一生懸命勉強すればよほど運が悪くない限り貧しい人でも
報われる。

220:2016/11/04(金) 22:50:11.24 ID:

>>203
激しく同意 激しく同意
みんな日本の素晴らしさ良さは他国に行くと良く解るんだよね
生活保護者が先進国の金持ちだけが受けられる高額医療が無料で提供されるのは
日本だけだよ。老人介護も同じく。貧乏人は点滴付けて入院なんてできない。
訪問介護なんて金持ちしか受けられない。

ナマポから貧乏人まで医療が受けられるのは日本だけだから
医療費で逼迫するし、日本の高齢化も世界で一番平等だからだよ
それに皆は気が付かないんだよなあ
真夜中に酔っ払った女性が歩けるのは日本だけだよ 海外じゃあ男性もレイプの
対象なんだ

223:2016/11/04(金) 22:57:31.31 ID:

>>203
飢えて死んでる人いるし一般人じゃなくて生活保護を受けてるから東大病院にかかれるんだし、夜中に女が歩いてて殺される事件も起こってるし頑張って勉強しても貧乏な家出身だとどう足掻いても代々の富裕層の人には叶わないんだけどその辺はわかってて言ってる?
239:2016/11/04(金) 23:18:11.94 ID:

寒いし、冬は日照時間短いから観光は良くても定住はしんどそう
245:2016/11/04(金) 23:21:38.92 ID:

キノコとかベリー類の種類が多いのは羨ましい
秋に収穫したり買って冷凍庫に大量にストックしてんだよな
262:2016/11/04(金) 23:37:55.99 ID:

>>220
だからまさにその手のことを
破壊しようとしてるのが自民党。

そういうのを大事に思って維持したいと思うなら、
間違っても自民に投票しちゃいけない。
北欧以下のゴミになるから。

263:2016/11/04(金) 23:40:03.15 ID:

フィンランドは観光程度で行ったけど、
本当にマナーが全体的に凄く良い
クルマの運転が、日本じゃあり得ないほど良い
義務なのか、クルマのライトは日中でもオン
これは自動でオンになる仕組みかもしれん
全体的に人も街も静か
テレビも凄い静か
そして、寒さに滅茶苦茶強い
これはもう、完全に日本人には真似できない
根本的に文化や民族性が違うと思ったわ
だから、あれほど寒い国でも発展するのは納得
274:2016/11/04(金) 23:47:15.07 ID:

>>262
その手のことは自民党が作ったんじゃん
そういう破壊しようとしてるとか、左翼の被害妄想だったりする
自民党以外なら上手くいくとでも?
自民党以外が打ち出の小槌を持ってるわけでもないんだよ
278:2016/11/04(金) 23:51:53.32 ID:

>>274
当時の自民左派と世論も左派が強かったからな。
戦前も右翼には社会主義寄りの人間が多かった。
愛国者だったらそうなる。

北欧は市場も維持して軍隊も天皇制も廃止せず、ちゃんと
福利も達成できるって共産党のアンチテーゼにもなる存在。

ゴミ自民党路線で行けばまた反日勢力に支配されて
ゴミみたいな国家になる。

282:2016/11/04(金) 23:54:04.50 ID:

>>278
なんか、カルトっぽい思想だな
陰謀論とか好きでしょ?
284:2016/11/04(金) 23:55:13.49 ID:

>>282
意味不明。まともに話してね
288:2016/11/04(金) 23:56:21.82 ID:

自分、冬のフィンランドに住んだことあるが、12~1月は日照時間が特に短い上、太陽が出てもものすごく明るいわけではないので、精神的に病みそうになった。
家のライトもムーディーな薄暗さなので蛍光灯の明るさだけが救いだった。
その分、日照時間が延びていく時の開放感はあの冬を味わった人しかわからないと思った。
290:2016/11/05(土) 00:01:05.85 ID:

>>284
>ゴミ自民党路線で行けばまた反日勢力に支配されて
>ゴミみたいな国家になる。

こういうところが基地害っぽくて、カルトっぽくて気持ち悪いの
ちゃんと話すのはあんた

291:2016/11/05(土) 00:01:34.07 ID:

>>288
日照と鬱は密接な関係があるって言うもんな
293:2016/11/05(土) 00:07:48.83 ID:

何であれだけ寒い国で、
あれだけ経済が豊かに発展しているのか
これはもう、根本的にフィンランド人の民族性にある
勤勉、マナーの良さ、教育重視、人間性
これが全て良いんだわな
日本人には、根本的に真似できない
323:2016/11/05(土) 00:42:50.25 ID:

北茨城の暮らしは北欧の暮らしより100万倍幸せ。
335:2016/11/05(土) 00:49:20.85 ID:

日本も技術公共物の更新の多くを辞めて、何十年も同じ電車や
古びたビルや公道でも、古いインフラでも大事に乗るから新しいものに
更新し続けるインフラ予算なしでいいと、そういう意識ならお金もっとためられるよ。
北欧や欧州行けばわかるけど、日本での生活に慣れている人がいくと、家以外の設備で最先端の生活より
伝統や古い設備でもやっていく国民性で生きる必要出てくる。薪を自分で用意して冬支度したり、もっと自主的にエコに参加する生活したり。
ボタン一つで何でも手に入る日本は、お金それだけかけて貰ってる暮らしだからだよ。
336:2016/11/05(土) 00:50:43.01 ID:

北欧なんて夏でも寒いよ。
冷夏なんて日本の冬だよ。
秋くらいだろと甘く見ていくと凍えるくらい寒い。

しかし中東の連中が意外と多く移民してるのには
驚くよ。あいつら寒さ平気なんだろうな。

347:2016/11/05(土) 00:57:53.32 ID:

日本が一番いいだろ。
349:2016/11/05(土) 00:58:01.43 ID:

北欧の凄さは、あの寒さの中でも民度が高い点だよね。
ロシアなんか寒いからって働かないしウォッカばかり飲んで鬱になってる。
オイラも寒いからイメージ的にウイスキーからウォッカに変えて
ちびちび飲んでる
360:2016/11/05(土) 01:05:17.10 ID:

スウェーデンの医療制度は崩壊してると聞いた
医者も残業などしないから患者が増え続け、病気になって予約しても
診察は一ヶ月以上先になる
どうしても医者に診てもらいたい時は外国の医療機関に行くしかない
勿論、健康保険は使えないから高額の医療費を払わねばならない

逆に考えれば社会保障が大きいので、医者は少ない労働で高収入を
得られる事になる

362:2016/11/05(土) 01:12:35.07 ID:

>>1-2
知ってた。

長い夏休みを何もせずゆっくり過ごすのではなく、金が無いから何も出来ないんだよw
だから車は中古車だし、家だって古くなったものを騙しだまし修理して使い続けるしかない。
もちろん外食する余裕だってないから外食産業自体が成り立たないし。

一日の仕事が終われば直帰して家族と時間を過ごすしか出来ない。
金無いからね。

でも高い税金の引き換えに充実した社会保障があるから平穏な生活は送れるだろう。
但し、人生に自由度はない。
それが若者の自殺率の高さの原因なのではないかと思う。

363:2016/11/05(土) 01:13:37.05 ID:

海外経験のないやつらが湧いてるねw
なんとかして日本社会を肯定しないとやってられない人生なのかな
まあ、会社辞めて1年ぐらい海外を放浪してみなよ
北欧に限らず、何が幸福か教えてくれる国が沢山あるから
368:2016/11/05(土) 01:18:50.61 ID:

転職して収入半分になったけど5時に帰れて家も近い
帰りに散歩がてら商店街で旬の食材買って
料理してお気に入りの器に盛ってゆっくり食事して
ジム行ってお風呂入って本を読んだり映画を見たり
贅沢は出来ないけど「あぁこれが人間の暮らしかぁ」ってつくづく思う
369:2016/11/05(土) 01:19:09.52 ID:

日本の幸福度は低いかもしれないけど、大半の日本人は生まれ変わっても
日本人に生まれたいんじゃないの?
406:2016/11/05(土) 01:46:01.13 ID:

寒い
暗い
コンビニがない
夜が早い
娯楽がないおっさん向けのバーしかない
アニメがない
パチンコがないゲーセンもないカラオケもない

なんにもないそれが北欧

 
 
【管理人の意見】
一度行ってみたいな。
 

 

引用元:

  • http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1478256327

おすすめ記事