【政界徒然草】
「だから民進党は…」「日本死ね」「私は立法府の長」 2016年国会審議名言・迷言ベストテン
1:2017/01/02(月) 10:15:05.32 ID:

2016.12.31 01:00更新

http://www.sankei.com/premium/news/161231/prm1612310015-n1.html

 安倍晋三首相の1強といわれる国会だが、衆参の本会議や予算委員会は、野党はアノ手コノ手で政府を追及して白熱し、
数々の名言(迷言?)が生まれた。独断と偏見で、印象に残った言葉ベストテンを選んだ。


以下長文につき抜粋

 ■10位 「そういうことばっかり言っているから(民進党は)…」「それ以上!」

 ■9位 「黙って聞け」

 自民党の二階俊博幹事長は、白か黒かはっきりしない「谷垣語」を駆使した前任の谷垣氏とは異なり、早期の衆院解散・総選挙を示唆したり、
二階派が抱える無所属議員の復党に前向きな発言をするなど、誰も止められない二階節で、政局を動かした。

 普段は質疑に立たない二階氏だが、9月27日の衆院本会議で、約13年半ぶりに代表質問に立つと、
国土強靱化政策に関して演説中に野党席からヤジを浴びせられ「黙って聞け」と静かながらドスの効いた声で反論した。

 こうした命令調の発言は議院運営委員会で問題となる場合もあるが、なぜか二階氏はおとがめなしだった。

 ■8位 「トランプ氏はポピュリズム」

 ■7位 「パンツの次はおんぶ」

 ■6位 「私は立法府の長」

 閣僚の答弁が不十分な場合に、代わって答えるほど答弁に自信のある安倍首相が、めずらしくポカをやらかした。5月16日の衆院予算委で、
民進党の山尾志桜里政調会長が同党提出の議員立法を審議するよう要求し、首相は「委員会が決めることだ」などと語り、取り合わなかった。

 山尾氏が「委員会が決めることと言って逃げている」と批判すると、首相は「議会の運営について少し勉強して頂いた方がいい」と前置きした上で、
「私は『立法府の長』だ。立法府と行政府は別の権威。議論の順番について私がどうこう言うことはない」と述べた。

 参院予算委でも、「立法府の私」と答弁した。正しくは「行政府の長」であり、まじめに言っているとすれば、首相自身が「勉強不足」。
民進党の伝統芸能であるブーメランが、首相自身に突き刺さった形になってしまう。首相は「言い間違い」としている。

 ■5位 「ふざけるなよ、お前らホンマに」

 ■4位 「ブルーチーズはおいしかったです」

 ■3位 「信なくば立たず」

 ■2位 「保育園落ちた、日本死ね」

 ■1位 「息をするようにウソをつく」

 
 
 

みんなの意見

2:2017/01/02(月) 10:16:06.26 ID:

>>1
【産経ランキング】だから民進党は…」「日本死ね」「私は立法府の長」 2016年国会審議名言・迷言ベストテン [無断転載禁止]©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1483156084/
10:2017/01/02(月) 10:20:17.34 ID:

>>1

◎2月15日17:17 はてな匿名ダイアリーに単発記事『保育園落ちた日本死ね』が書かれる

   ※ブログと言っても、個人がずっと記事を書いているブログではなく、
     この記事だけの単発の投稿。2ちゃんの書き込みみたいなものである。

  2月16日16:52 東京都議会議員 おときた駿が取り上げる

◎2月17日 2:41 駒崎弘樹氏がネット上でバズっている話題として取り上げる【拡散】

  2月17日     ジャパン・タイムスが取り上げる(JKビジネスの記事を書いた反日記者)

  2月17日14:03 朝日新聞記者が駒崎氏の記事をツイート

  2月17日15:09 津田大介氏がツイート

◎2月17日22:55 TBS NEWS23『日本死ね!』 として取り上げる

◎2月18日13:25 保育園落ちた人が突然Twitterを開始 @hoikuenochita

   ※Twitterを開始したその日に、おときた駿(@otokita東京都議会議員)が
    フォローし、その日のうちにNEWS23に取り上げられたとツイート

  2月19日 NHKにブログの記事が取り上げられたとツイート

  2月20日 YAHOOトップにブログ記事が掲載されたとツイート

  2月20日 とくだね!がTwitterをフォローする。

  2月21日 サンデー・ジャポンで取り上げたとツイート

  2月22日 フジテレビ特ダネ!で取り上げられたとツイート

  2月23日 スッキリで取り上げられたとツイート

  2月23日 田村淳氏が拡散しようとツイート

  2月26日 テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」で取り上げられたとツイート

  2月26日 GLAYのボーカル、TERUさんがブログを支持するとツイート

  2月26日 朝日新聞家族 と テレ朝NEWSがこのTwitterをフォロー

  2月26日 サンケイスポーツが GLAYのTERUのツイートについて記事にしたとツイート

  2月27日 報道ステーションに記事が取り上げられたとツイート

  2月27日 小林よしのりさんが記事にしたとツイート

  2月28日 毎日新聞にこの記事が取り上げられたとツイート

◎2月29日 民主党の山尾しおり議員が国会でこの匿名ブログについて質問

(〇一〇二一〇二三)

12:2017/01/02(月) 10:22:21.58 ID:

息をするように嘘を吐く(見事にヒトモドキを言い表した表現)

これは2ちゃん発祥の言葉。
あの2重国籍ババアは平然とパクってのけた。

つまり、朝鮮籍も持ち合わせたスパイなんだよ。

15:2017/01/02(月) 10:24:37.04 ID:

まぁ民進党も自民党も慣用句やら法律を間違うことは死ぬほどある
そんなしょーもないことに突っ込むのやめようよ・・
16:2017/01/02(月) 10:24:49.34 ID:

>>10

『保育園落ちた、日本死ね』論争は“前提”が間違っています。 日本を貶めたい勢力の真の狙いとは?

   少し前ですが、「保育園落ちた、日本死ね。」というタイトルのブログが話題になりました。
   その保育園に落ちたことへの怒りの気持ちがぶつけられた文章が、多くの反応を呼んでいます。

   内容を見ると・・・ 『 なんなんだよ日本。 何が少子化だよクソ! まじいい加減にしろ日本。』

     ・・・など、子育て中の母親が口にしたとは、にわかに信じがたい言葉が並んでします。

   国会質疑でも取り上げられましたが、自治体で児童福祉に取り組んでいた立場からすると、
   この論争は、  「前提条件」  が  “間違っている”  と言わざるを得ません。

このブログを書いた母親やそれに同情を寄せる人々は・・・、

“保育所”は 「誰もが利用できるのが当たり前」 のサービス、 「利用する権利がある」 と思っている様です。

しかし、それは “大きな間違い” です。 保育事業は 「福祉施策」 です。 では、そもそも“福祉”とは何か?

福祉施策とは、自力で普通の暮らしを営む事ができない人に対して、税金を使って支援する事を言います。

    障害者福祉、低所得者福祉、高齢者福祉、児童福祉、そう考えるとしっくりくると思います。
    みなさんが収めた “税金” を使って支援することには、ちゃんと “理由” があるのです。

スポンサードリンク


        保育事業は、 「本来ならば家庭で保護者が子育てをする」  という大前提の上で、
       “何らかの理由” で 「子供を保育することができない家庭」 を支援する施策です。

        病気やけがで育児ができない状態や、片親でどうしても働かなければいけないなど、
       “理由”  がある家庭を、  「税金」  を使って  “支援”  するものです。

    かつて“児童福祉法”には、  「保育所は保育に欠ける児童を対象にする」  と書かれていました。
    (現在は、“児童福祉法改正”により  「保育を必要とする」  という文言に代わっています。)

 ですから、保育所に入るには入所基準があり、それぞれの家庭の状況に応じて点数化されるわけです。
 例えば、両親がそろっている家庭よりも片親の方が点数が高い。高所得者は点数が低くなるわけです。
 こうした公平な選考により、入所できる児童が決まります。(多くの自治体は入所選考基準を公開)

         自分で何とかできる部分は、自分でやらないことには、社会は成り立ちません。
         何でも “税金” に 「おんぶと抱っこ」 では、日本は潰れてしまいます。
         「自助」 ⇒ 「共助」 ⇒ 「公助」 の順番を、間違えてはならないのです。

しかし、「子育ては母親がするのが一番」と、一昔前だったら当然の考えが、今、大勢から非難されています。
私達が長年培ってきた価値観が急速に壊され、反日勢力の世論操作により、国民が誤った方向に導かれる。

施設で子供を家庭から引き離す、「全女性の労働参加」「家族の解体」の為に“育児の社会化”を推進という、
旧ソ連が共産主義体制の中で“失敗”した『マルクス主義』モデルが、21世紀の日本で実践され様としてます。

  【『杉田水脈のなでしこリポート』 「日本のこころを大切にする党」所属 前衆議院議員 杉田 水脈】

 http://www.sankei.com/smp/life/news/160702/lif1607020002-s1.html  〔『産経新聞』2016年7月4日〕
 https://www.youtube.com/watch?v☆=6sOYS2AnhLM                (〇一〇二一〇二三)
.

17:2017/01/02(月) 10:26:28.47 ID:

立法府って言うほど間違ってるか?
18:2017/01/02(月) 10:27:43.38 ID:

民心を 言葉で惑わす 民進党
19:2017/01/02(月) 10:28:18.36 ID:

>>17
間違ってないよ。
それだけ政治が歪んでるってこと。
20:2017/01/02(月) 10:29:58.35 ID:

>「息をするようにウソをつく」

蓮舫さんがこれ言ったとき流行語大賞の日本死ね山尾を意識してて
カッコイイこと言ってやろうってものすごい意気込んでたと思うんだ

でも他人の気持ちが分からない全く理解できない蓮舫さんには
むしろ自分自身に降りかかる言葉だってことが全く想像できなかったんだろうね

21:2017/01/02(月) 10:30:33.71 ID:

蓮舫すげーなw
25:2017/01/02(月) 10:33:28.38 ID:

二重国籍って結局どうなったん?
父親が手続きに行って、結果報告はなし?
30:2017/01/02(月) 10:41:44.93 ID:

>>16
国会議員は給料高いから点数低いのか
しかもガソリン詐欺してるし
31:2017/01/02(月) 10:42:19.26 ID:

>>16
文句言うなら国会議員になるなよ
33:2017/01/02(月) 10:47:02.45 ID:

>>1
ネラーのレスバトルみたいやな
38:2017/01/02(月) 11:02:37.62 ID:

>>12
安倍ちゃんがフェイスブックで使ったんだよw
41:2017/01/02(月) 11:06:14.59 ID:

>>1
大事なのを忘れてるな。

  「日教組! 日教組!」

43:2017/01/02(月) 11:17:08.44 ID:

>>1
政府が推進する「男女共同参画社会」とは、女性労働者の地位の向上を保証する平等な社会ではなく、
むしろ、 「資本家を儲けさせるため」 の “格差社会” である。

「全女性の労働参加」を煽って、その 潜在労働力 が労働市場に出てくれば、
労働力の供給が増えるのだから、賃金水準は “下がる” ことはあっても 上がることはない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   女性労働者の待遇 を 今の男性労働者 なみに 良く するのではなく、
   男性労働者の待遇 を 今の女性労働者 なみに “悪く” することで男女格差を解消する。

女性の社会進出は「賃金水準の切り下げ」を媒介としつつ、ポジティブフィードバックによって促進される。
夫の賃金が下がれば、それまで専業主婦でやっていけた妻までも「家計を維持」する為、働らかねばならなくなる。

そして、より多くの 専業主婦 が、 労働市場 に出れば、 賃金水準 はさらに “下がる”。
そうなれば、 “さらにより多く” の 専業主婦 が・・・というように。

1999年から施行された 『改正男女雇用機会均等法』 では、 「男女の均等取扱い」 と引き換えに、
「女子保護規定」 が “撤廃” され、“女性” の 「残業」 「休日労働」 「深夜業規制」 が “なくなった”。

    男女の労働者に、現在の 「男性なみの“厳しい”労働条件」 で、
    かつ、現在の 「女性なみの“安い”賃金水準」 で働いてもらうことで、
    男女間の格差を解消したいというのが、 『資本家』 たちの “本音” である。

 1989年では 男性の非正規雇用労働者の時給水準 は、 女性の正規雇用労働者の時給水準 に近かったが、
 その後、 “下落” して、 女性の非正規雇用労働者の時給水準 に近づきつつある。

 正規雇用 と 非正規雇用 の 格差 が厳然と維持される一方で、 正規雇用 においても、
 非正規雇用 においても、 男女の格差 は 縮小(“低い方”に収斂) しつつある。

 【一橋大学大学院 社会学専攻 博士 永井 俊哉】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  最近の “フェミニズム” は、完全に 「働け」イデオロギー に凝り固まってしまい、
  「女性はすべからく 働くことを目指すべし」 という思想になってしまった。
いまやフェミニズムは、「フルタイムで働きつづける女性」のイデオロギーへと“矮小化”されている。

 こうして女性の 「働く」ことがなににもまして価値がある という観念が支配することになった。
 この 「働け」 イデオロギーによって働く女性が増えれば、女性ばかりでなく男性の賃金も下がり、
 「資本家」 や 「経営者」 にとっては、これほど “都合のいい” ことはないのである。

 【元東京女子大学 文理学部 教授 日本ユング研究会 会長  林 道義】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

“フェミニズム” は、女性の生きがいや幸せなどを 『自己実現』 と称して家庭外に求め、一方で、
家庭における「主婦の日常」を“軽蔑”し、仕事など「外の活動」に“価値がある”と意識する様に仕向けた。

  しかし、現実としての女性の解放は“女性”を「市場社会」と「賃金労働社会」に“奉仕”させる事になる。
  つまり、解放運動は女性を家族から雇用主の支配下に置き換え、結果的に資本主義に従属させた。

この供給過多による労働市場の賃金低下で、庶民階級では日々の生活が改善されるよりも寧ろ“悪化”した。
それは、『資本家』 と 『国家』 が目指しているのは、 “男女を共” に 「低賃金」 で “働かせ” て、
「育児の社会化」の為に“莫大な税金”を払わせ、「家族を解体」させて“個人単位”の社会にする為なのである。

これは結果的に労働を強制させられているので、労働の権利というのは欺瞞で、労働義務というのが正しく、
“フェミニズム” による 『全女性の労働参加』 で、 「働くことを強要」 された “女性” たちは、
「限りある労働市場」 を男性と “奪い合い”、 「貧困層」 を創ってしまったのである。

【アラン・ソラル『フェミニズムと消費社会』より】   (〇一〇二一〇二三)

54:2017/01/02(月) 13:29:36.43 ID:

>>38
安倍は昔からネラーだしな
56:2017/01/02(月) 13:37:43.86 ID:

>>1
民進党についてのC91新刊買えなかった
韓国死ね
65:2017/01/02(月) 16:15:53.36 ID:

>>15
慣用表現だったり、市況相場に直に響くからわざとボカしてるだけなのに、具体額を喋っちゃった大臣がいた民主党・・・
69:2017/01/02(月) 17:18:00.37 ID:

>>10
津田大介って小4なりすまし事件にも名前出てなかったか?

 

おすすめ記事