作家・三島由紀夫が自ら命を絶つ9か月前に語った
未発表の肉声テープが見つかりました。
1:2017/01/12(木) 06:59:29.18 ID:

「死が肉体の外から中に入ってきた」
などと死生観についてや、自らの小説の欠点などを語っています。
 
「僕の文学の欠点は、小説の構成が劇的すぎることだと思う。
ドラマティックでありすぎる。どうしても自分でやむをえない衝動なんですね。
大きな川の流れのような小説は、僕には書けないんです」(三島由紀夫の肉声テープ)
 
新たに見つかったのは、三島由紀夫がイギリス人の翻訳家に対し語った1時間20分にわたる
未発表の肉声テープです。
 
録音されたのは、三島が命を絶つ9か月前の1970年2月とみられ、死についても語っています。
「死の位置がね、肉体の外から中に入ってきた気がする」(三島由紀夫の肉声テープ)
テープは、TBSの社内から発見されました。特別に保管されていましたが、
その存在はほとんど社内でも知られていませんでした。
 
「今回のものは行われたこと自体が知られていなかった。その意味でも貴重なもの。
(小説の)欠点について、ああいうふうに語っているのはなかなかない」(三島由紀夫文学館特別研究員 山中剛史さん)
三島由紀夫の研究者は、「新たな見方を提供する一つになる」と話しています。
 

*+*+ TBS News i +*+*
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2958073.html 

 
 
 
 

みんなの意見

6:2017/01/12(木) 07:21:27.91 ID:

9ヶ月前じゃ、まだその気になってないだろ。三島は気のはやる性格みたいだからな。
7:2017/01/12(木) 07:24:09.98 ID:

森田がいなければやらなかっただろ?
10:2017/01/12(木) 07:38:13.73 ID:

頭も良くてハンサムでって
なんかでかいことでもやらないと退屈になるよな 

 

11:2017/01/12(木) 07:43:35.08 ID:

もうちょっとで世界は変わったかも知れない
自衛隊員らもクーデターをやれば今頃は大将になっていたかもしれない
野心が無さすぎた

 
12:2017/01/12(木) 07:45:48.05 ID:

平岡公威という人間が三島由紀夫というしょうも無い役を演じていたとしか。
13:2017/01/12(木) 07:45:51.44 ID:

石原より上なんだから
生きていれば総理大臣になったかもしれない

 
15:2017/01/12(木) 07:52:31.98 ID:

桝添より良かったと思わんか?

 
16:2017/01/12(木) 07:54:04.57 ID:

三島由紀夫より平岡 公威のほうが名前がカッコいいよな
17:2017/01/12(木) 07:57:03.23 ID:

崇高なものが現代では無力で、滑稽なものにだけ野蛮な力がある

三島由紀夫

21:2017/01/12(木) 08:06:52.31 ID:

未発表テープ見つかる ×
隠されていたテープが公開された ○
22:2017/01/12(木) 08:08:08.84 ID:

>>1

ほほー。それは聞きたいな。

三島由紀夫のしゃべりは、早稲田大学での講演、学生との対話がむちゃくちゃ
おもしろかったんだよねぇ。
文学はよくわからんが、ブサヨ全盛の時代にその異常さをきちんと指摘して、
今日を見通すような発言をしている。凄い人だなと思ったよ。

でも、あの面白い早稲田の講演はネットにあがってないのな……

23:2017/01/12(木) 08:09:02.12 ID:

三島由紀夫って自殺したんですか?ってゆとりが言いそう
24:2017/01/12(木) 08:10:08.96 ID:

何で大江みたいなクソつまらん作品が受賞して、
コイツが文学賞取れなかったのか理解出来ない。
生きてたら間違いなく、コイツは取れていた。
25:2017/01/12(木) 08:12:26.10 ID:

>>23
え?自殺なの?
26:2017/01/12(木) 08:20:46.19 ID:

>>24
大江の本も三島の本も好きだけど、俺もそう思う
27:2017/01/12(木) 08:26:04.00 ID:

>>24
三島の金閣寺は小説読むの苦手な俺でも、
読みやすくて面白く且つ美しさもある文章やったと思う。
大江のは手に取る意欲も湧かんわ。
三島さんってノーベル賞獲ってたら、自害?せんかったかな?
惜しい人やわ・・・
28:2017/01/12(木) 08:29:31.53 ID:

美輪さんが一言
29:2017/01/12(木) 08:32:00.64 ID:

恰幅の良い人
30:2017/01/12(木) 08:34:30.59 ID:

>>1
ぽっぽ死んでたんかと思ったわ
32:2017/01/12(木) 08:39:18.86 ID:

今存命だったなら、当時とは比べ物にならん怒りで政府を攻撃
してただろう。さすがにネットが冷淡な反応ももっともだ。
33:2017/01/12(木) 08:42:18.36 ID:

生きてたら真性保守を率いていたのにな
34:2017/01/12(木) 08:50:31.79 ID:

>>28
完全に”磯部”に乗っ取られたかも?
36:2017/01/12(木) 09:11:25.86 ID:

当日の肉声あんのに?
38:2017/01/12(木) 09:22:41.45 ID:

英霊に体乗っ取られて自殺した人
41:2017/01/12(木) 09:28:00.92 ID:

>>24
本当は谷崎が受賞する予定がその前に死去
そうなると川端、三島が候補となったが三島はまだ若すぎて
川端が受賞したので、三島の目がつぶれただけ めぐりあわせだよ
42:2017/01/12(木) 09:28:17.12 ID:

磁気テープがよく腐らず残ってたな
43:2017/01/12(木) 09:29:02.14 ID:

この人結構カッコイイ生き方なんじゃないかと思った。
44:2017/01/12(木) 09:36:55.99 ID:

この人ほんとうに切腹して死んだんでしょ?
切腹して内臓を引っ張り出してから、今の日本のおかしさを叫んで絶命したとか。
凄まじすぎるよ…切腹して死ぬとか痛すぎて耐えられないと言うのに。
45:2017/01/12(木) 09:38:09.98 ID:

生き返って今の日本見たら何も変わって無くて絶望してまた腹切って死にそう
46:2017/01/12(木) 09:39:53.55 ID:

憑依霊の力が強すぎて、親交のあった三輪明宏の力でも祓えなかった
48:2017/01/12(木) 09:49:40.80 ID:

肉声テープ結構残ってるけど、喋りは文章ほど艶っぽくない、
割とフツーのインテリの喋りなんだよな。
51:2017/01/12(木) 09:51:23.47 ID:

>>15
どんな喜びだよ
悦びか?アッー!
52:2017/01/12(木) 09:52:08.43 ID:

太陽と鉄、オレにとって意味不明の
化け物文章w
57:2017/01/12(木) 10:07:19.56 ID:

>>17
>滑稽なものにだけ野蛮な力がある
なんたらちゃんねるとかいうインターネッツの到来を予見したのか
77:2017/01/12(木) 11:30:02.92 ID:

>>10
ただしヒョロガリドチビであるwww

美輪明宏にその肉体の貧弱さを指摘され、本人も実際コンプレックスであって、
それがきっかけでボディビルにハマるw
確か、革ジャンが着たいんだ(三島)
→じゃあそれに見合った肉体が必要ね(美輪)って流れ。
おかげでドチビ以外は克服でき、鍛えあげた肉体を三島自ら脚本を手がけた
美輪明宏の舞台で晒すということもした。
美輪はこの時アドリブで、本来のセリフ
「このロウ人形には産毛が生えているわ」を
「このロウ人形には胸毛が生えているわ」と言い替えて観客の爆笑を誘っている。

87:2017/01/12(木) 12:39:52.59 ID:

>>17
滑稽で野蛮だが力なんかねーだろ。
今のマスゴミとかソフトバンクみたいなインチキ企業とか電通みたいなブラック企業の事だろ。

スポンサードリンク

102:2017/01/12(木) 14:48:17.07 ID:

>>15
確かに
キレイごとでも舛添には
発想できなさそうなセリフだわ
115:2017/01/12(木) 16:46:21.66 ID:

YouTubeで三島由紀夫を検索すると
生前の映像がたくさん出てくる。
海外のテレビ局の取材に流暢な英語で答えている映像とか、東大の全共闘に一人乗り込んでと討論会してる映像とか、市ヶ谷の自衛隊の駐屯地で
隊員に演説してる映像とか。

この人の小説は、語彙のレベルが高すぎて俺は入っていけないんだけど、
こんなオモシロイ人いないよね。

当時の肉声とか、大変興味深い

119:2017/01/12(木) 16:52:19.90 ID:

>>1
>肉声テープ
いまTBSラジオで流してたな
日曜の三輪明宏の番組でも取り上げるらしい
126:2017/01/12(木) 17:51:10.45 ID:

TBSは今や第二聖教新聞と揶揄される毎日新聞サークル北朝鮮カルト創価学会のプロパガンダ媒体

よくぞまあ、未発表だったインタビュー素材が出て来たものだ

1970年11月25日の市ヶ谷駐屯地で事件起こした一週間前のインタビューが有名で
新潮社からカセット文庫の形態で販売してたから、ちょうど20年前に池袋の
北口にあった書店で購入して聞いた事がある

そのインタビューでは「私はエセ右翼や体制側には絶対に利用されない」
「今に見ていてください そのうち分かりますから」

ワハハハハハと三島由紀夫独特の笑い声で終わる印象的なインタビュー

127:2017/01/12(木) 17:55:54.75 ID:

自称霊能力者(笑)天草四郎の生まれ変わり(笑)を自称する典型的な詐話師である
旧姓丸山明広=美輪明宏が故人であることをいい事に死人に口無しとばかりに好き勝手
な事吹聴しまくってるが不愉快千万だわな。

戦時中は旧海軍の少佐で九死に一生得るような修羅場を経験している中曾根康弘大勲位
を論破したとかドヤ顔で吹聴してるような恥ずかしい詐話師が美輪明宏。

129:2017/01/12(木) 17:58:37.85 ID:

生前の三島由紀夫が当時の防衛庁長官だった中曾根康弘に不信感を持ち嫌っていたのは皮肉だが。

『美しい星』の悪役のモデルにもされてた。

130:2017/01/12(木) 18:01:34.61 ID:

三島由紀夫は生前に何度もノーベル文学賞候補になっていたが、逝去する
直前に大江健三郎が受賞することを予言していた。見事に的中してて凄いわな。

俺は安部公房の方が大江健三郎より格上だと思ってるからあれだが

133:2017/01/12(木) 18:17:31.48 ID:

>>130
わかる。大江健三郎よりも、三島由紀夫や安倍公房の方がノーベル賞にふさわしいとは思う。
134:2017/01/12(木) 18:23:30.25 ID:

筆をとれば芸術の域にまで達した文章で人々を魅了し
言葉を刻むがごとく、己の肉体にまで美を主張し
主義思想に対して、全身全霊をかけて真っ向から組みあい
独りよがりと罵られ、嘲笑と怒号の中、絶望と一縷の希望を抱えて腹を切った男

こんな人、面白いに決まってるわ

135:2017/01/12(木) 18:31:06.11 ID:

>>127
いつの間に死んだの?とググったけど存命じゃん

川端康成の自殺にも彼が影響していると言われてるね

136:2017/01/12(木) 18:36:12.09 ID:

>>133

三島由紀夫は川端康成の代筆していた事が有名だが、吉幾三ライクな追いかけて雪国
みたいなオリエンタリズムで籠絡する小説は時代の流れの中で色褪せ陳腐化するが
安部公房や三島由紀夫の小説は普遍性があるから色褪せる事はない。

午後の曳航みたいにチャールズ・ブロンソン主演で映画化されてる作品もあるし。

川端康成がノーベル文学賞を受賞してなければ三島由紀夫はもう少し長生きしたはず。

大江健三郎は『死者の奢り』みたいな短編読むと才能あると思うが、知的障害者の
息子である光が生まれて息子の音楽をゴリ押しプッシュし自画自賛するようになった
あたりで既に耄碌し終わってた。小説家としても賞味期限切れはもっと早かった。

三島由紀夫が存命だったら編集者にアナルを提供して芥川賞を獲得した盗作作家の
平野啓一郎や平野啓一郎を三島の後継者扱いし絶賛する瀬戸内寂聴に対してどういう
リアクション取ったか想像すると笑える(笑)完全にお笑いのネタだったはずw

あと、文学界の赤塚不二夫=村上春樹をどう評価するかw

137:2017/01/12(木) 18:41:15.56 ID:

ヘミングウェイや三島由紀夫やQueenのフレディー・マーキュリーとか
後世に残る普遍的な名作を残した芸術家に猫好きが多い傾向も面白い。

愛犬家で天才芸術家というのは誰かいるか?西郷隆盛は違うしw

139:2017/01/12(木) 18:45:41.09 ID:

>>22
テープかCDで新潮社から刊行されてるよ

 

おすすめ記事