恐ろしいスピードで発射される銃弾を止めるだけではなく、粉々に砕くことができるほど強固な素材の開発が進められています。
1:2017/02/27(月) 10:14:07.95 ID:

耐熱性や耐放射線性も備わっていて防弾ベストや防護服などさまざまな使い道が模索されています。

ノースカロライナ州立大学のAfsaneh Rabiei博士の率いる研究チームが開発しているのは「Composite Metal Foams(CMF:複合発泡金属)」と呼ばれる新しいタイプの発泡金属で、銃弾を止めるのではなく粉々にすることが可能です。
銃弾を粉々にする様子は以下のムービーから確認できます。

動画:

 
開発された複合発泡金属を中間層に使用し、着弾面にダイヤモンドに次ぐ硬さを誇る炭化ホウ素セラミックス、背面に超々ジュラルミンを採用してあるパネルに対して、7.62×63mmのM2徹甲弾が放たれます。

徹甲弾がパネルに着弾。穴が穿たれるのかと思いきや……

パネルにダメージを与えることなく、弾は砕け散ってしまいました。

研究チームがCMFを初めて開発したのは2015年のことで、発表された論文では1インチ(2.54cm)以下の薄さでも銃弾を止められたと書かれています。
しかしながら、実際に防弾ベストや防護服に使用するには、耐熱性や耐放射線性など銃弾以外のものに対する耐久性も必要になってきます。

実用化を目指す研究チームは2015年7月に複合発泡金属がX線やガンマ線、さらには核分裂の際に放出される中性子線に対する耐性を十分に持つことを示す研究結果を発表。
放射線に対する耐久力を上げるためにステンレスとタングステンを合成させた素材を使い「High-Z Steel-Steel Foam(高Z金属発泡金属)」というのを開発したとのこと。

翌年の2016年3月28日には0.15cmの厚さの発泡金属とステンレスを800度の熱に30分間さらすという実験の研究レポートを公開。
実験では発泡金属の方がステンレスよりも発火するのが8分間遅かったことが確認され、耐熱性も備え持つことが証明されたというわけです。

研究チームはこのような改良を重ねて、発泡金属の実用化を模索中。
発泡金属は従来の金属よりも軽量で耐久性も高いことから、アメリカのFoxニュースは「防弾ベストだけでなく、宇宙服や作業服など軍事以外での用途も考えられる」としています。

http://gigazine.net/news/20170226-composite-metal-foam-stop-bullet/

いろんなコメント

2:2017/02/27(月) 10:15:49.57 ID:

防弾かつらを…
21:2017/02/27(月) 10:25:00.21 ID:

戦車の装甲に使ったら砲弾も粉々にできる?
24:2017/02/27(月) 10:26:16.64 ID:

>>21
砕かれた破片何とかしないと周りの歩兵が危険すぎね?

26:2017/02/27(月) 10:26:59.16 ID:

ディスカバリーが一本作るな
29:2017/02/27(月) 10:28:56.22 ID:

>>21
弾の直径によるんじゃないかなと思う
44:2017/02/27(月) 10:38:49.10 ID:

>>1
グロ
45:2017/02/27(月) 10:39:50.85 ID:

>>1
グロ注意
70:2017/02/27(月) 11:05:47.24 ID:

>>21
耐熱性も対放射線性も明らかに戦車向け
個人用の防弾チョッキには必要ない性能だよ
防刃性と重量次第
83:2017/02/27(月) 11:17:33.78 ID:

>>21
ついに装甲タイルが現実のものになるのか
84:2017/02/27(月) 11:17:38.37 ID:

ステンレスなら20ミリあれば止められるけど
これどのくらい軽いの?
見た感じ水に浮くとかでは無さそうだけど
105:2017/02/27(月) 11:34:26.00 ID:

>>21
無理
高速な砲弾が衝突してユゴニオ弾性限界の圧力を超えれば
どんな物質作った防御でも水みたいになる

 
107:2017/02/27(月) 11:34:51.06 ID:

そういやフューチャーウェポンのマック亡くなったんだってな
113:2017/02/27(月) 11:37:58.13 ID:

>>105
ユゴニオ弾性はセラミックの場合は関係ないよ。
117:2017/02/27(月) 11:43:09.24 ID:

>>113
セラミックにもユニゴオ弾性限界の圧力がある
それを超える速度で撃たれたら穴が開く
電磁砲で発射された速度の弾頭なら可能だとおもう
まあそれ以前にセラミックは割れやすいんで通常弾頭でやられる
複合装甲の場合は複合弾頭でやられる
122:2017/02/27(月) 11:47:04.60 ID:

>>105
語感の中二感が半端ないな
124:2017/02/27(月) 11:48:34.63 ID:

>>1
これで蓮コラ作ったヤツしばき回す
125:2017/02/27(月) 11:52:17.77 ID:

>>117
あれ戦車とかのは板が入ってるわけじゃないよ
粉末をぎゅうぎゅうに鉄の箱に詰めて小分けしたのを沢山入れてるだけだから

チョッキのも高い奴はベースにへばりつくように工夫してるし

129:2017/02/27(月) 11:58:32.05 ID:

>>21
モンロー効果は金属全般に効果があるらしからねー
135:2017/02/27(月) 12:24:21.22 ID:

弾の持ってる運動エネルギーはどこへ(´・ω・`)?
138:2017/02/27(月) 12:27:30.48 ID:

>>135
飛び散った銃弾の方向にベクトルは分散
141:2017/02/27(月) 12:38:04.69 ID:

>>135

銃弾の運動エネルギーなんて大した事ない
人間が素手で持って撃てるんだから

147:2017/02/27(月) 12:50:11.34 ID:

>>135
砕けたということは、セラミック防弾ベストを人体側に押す力として
ほとんどが吸収される。
銃弾は貫通しながら人体の一部を破壊する力があるというだけで、
数グラムの弾が時速500~1000km/hくらいで飛んでくるだけなので、
エネルギー量的にはたいしたことはない。
150:2017/02/27(月) 12:52:21.37 ID:

これ、宇宙線も防げるなら
宇宙線やカプセル型宇宙服の開発にも有用じゃないか。

いや、それよりも東電原発事故現場での利用か。
石棺とかも作りやすくなるのかな。

156:2017/02/27(月) 13:03:02.46 ID:

>>150
宇宙線を止めるのは水素がたくさん含まれた物質の方が良いらしい。
ポリエチレンが良いのだとか。
157:2017/02/27(月) 13:03:14.46 ID:

>>150
なにかものすごい勘違いしてると思う。
167:2017/02/27(月) 13:20:36.12 ID:

>>150
放射線で劣化し難いだけで、放射線を通さないわけじゃない
168:2017/02/27(月) 13:37:34.20 ID:

ああ…次はRPGだ…
171:2017/02/27(月) 13:59:20.61 ID:

>>1
蓮コラ注意
176:2017/02/27(月) 14:15:26.52 ID:

これ銃弾よりもっと早い高速微小デブリとかに有効なんではないだろうか?
そこそこ軽くてそこそこ強くてある程度の距離はとれるとか
HEATとかは拘束セラミックの方が効率がいいと思う
適当に言ってるけど
179:2017/02/27(月) 14:21:46.26 ID:

>>44
>>45
グロ注意してくれててありがと
にも関わらず見てしまった俺が悪い…
181:2017/02/27(月) 14:36:05.90 ID:

>>1
>防弾ベストや防護服に使用するには、耐熱性や耐放射線性など

防護服は別として、防弾ベストに耐熱性や耐放射線性など求めていないよね?
もしそんな耐性があっても、ベストじゃじゃ意味ないよね?

183:2017/02/27(月) 15:03:45.97 ID:

>>181
耐熱性は弾丸衝突時に相当な熱量が生じるからじゃね?
耐放射線性はなんでだろね?
自然界由来の微量の放射線でもすぐ劣化しちゃう素材なのかな?
184:2017/02/27(月) 15:27:51.63 ID:

>>183
コンビニ袋とか太陽光に晒しつづけるとパリパリになって砕けるけど、それが防弾チョッキで起こっちゃうと困るという話でしょ
186:2017/02/27(月) 17:11:50.04 ID:

段ボールのハニカムを縦配置でも同じ効果が得られると思うな
金属のハニカム
187:2017/02/27(月) 17:17:15.74 ID:

これの対抗策はダイヤモンドコーティングのフルメ樽ジャケットだろ
包封タイプの衝撃緩和ではないから、僅かに硬度どで上回っていれば
簡単に板を粉砕できるだろ
188:2017/02/27(月) 17:19:07.36 ID:

同じ素材でリングメイルも作ろう
194:2017/02/27(月) 17:25:20.87 ID:

コンドーム並みの薄さのダイヤモンドコーティングを銅の上の張り付ければ容易く撃ち抜けるだろ
213:2017/02/27(月) 21:25:50.02 ID:

>>1
これたけのこの里だろ

 

おすすめ記事