「甲賀五人」の子孫

        渡辺俊経さん79

 先祖は尾張徳川家に仕えた忍びで、
「甲賀五人」の1人として年に1度、尾張藩で鉄砲の撃ち方などを武士に指南した渡辺善右衛門。
普段は、地元で農作業などをして暮らしていたことが、自宅の蔵から見つかった古文書でわかった。
1:2017/03/13(月) 07:48:28.75 ID:

 

 忍者の実態は、今も謎に包まれているが、先祖が「古文書に書き残していたことに誇りを感じる」と喜ぶ。
実は、先祖が忍者であり、家に古文書が残されていることは、両親からも一切聞かされていなかったという。

 2000年に忍者研究などをしている団体のメンバーとの会合で、
「渡辺善右衛門について教えてほしい」と尋ねられた。
10歳の頃、祖母から「善右衛門」という名を受け継ぐはずだったことや、
約200年前の火事でも蔵だけが焼けずに残った、という話を聞かされたのを思い出した。

 蔵にあるたんすの引き出しを探すと、約150もの古文書が出てきた。
見つけた当初は古文書の崩し字が読めず、10年かけて勉強した。

 歴史学者の磯田道史さんらに見てもらうと、
徳川家に仕えた時の機密保持を誓った「起請文きしょうもん」のほか、
鉄砲指南役として甲賀から先祖を含む5人が召し抱えられたり、
火薬や薬を調合したりしていたことなどが記載されたものもあった。
「江戸時代は平穏なため、農業をしながら年に1度出向くだけで給金がもらえた」という。

 古文書は昨春頃から、
甲賀市教委に渡して解読を依頼しており、
成果は、本にして残すように準備を進めている。
紛失や火事などで失う恐れがあるため、全てを市教委に寄託する予定で、
貴重な地域の遺産として保存することを願う。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20170313-OYTNT50011.html?from=tw

 
 
 

いろんなコメント

2:2017/03/13(月) 07:49:05.19 ID:

ケムマキの子孫か
4:2017/03/13(月) 07:50:13.99 ID:

つまり火薬職人だったわけか
5:2017/03/13(月) 07:50:26.78 ID:

チクワが欲しいワン♪

9:2017/03/13(月) 07:52:44.71 ID:

好奇心や向学心がゼロなのね、この人
12:2017/03/13(月) 07:53:26.36 ID:

身分は郷士?
18:2017/03/13(月) 07:57:03.35 ID:

平和な江戸の世は仕事がなかった? 甲賀忍者の厳しい“実情”、
大量の古文書から判明
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/02/news058.html

こっちの方が詳しい

20:2017/03/13(月) 07:57:13.16 ID:

>>9
いや、10年かけて勉強したって書いてあるやん。それとも忍者復活に勤しめと?
22:2017/03/13(月) 07:58:32.37 ID:

甲賀忍五人衆

水口鬼三太
多羅尾半蔵
柘植新八
楯岡道雪
椎名美里

24:2017/03/13(月) 07:59:28.07 ID:

甲賀幻妖斉は本当にいたの?
25:2017/03/13(月) 07:59:53.69 ID:

銃の知識があったんだなぁ
26:2017/03/13(月) 08:00:44.19 ID:

>>12
エタ
29:2017/03/13(月) 08:02:09.44 ID:

野鉄砲か
31:2017/03/13(月) 08:03:12.87 ID:

オレは口伝だが宮本武蔵とお通の子孫らしい。正当武蔵の子孫。
武蔵とお通の子は16歳で織田信長に使えて、25歳で江戸の徳川家康に仕えていたそうな。
秀吉に仕えなかったのは大阪の陣で徳川家康が勝つのを見越したからだそうな。
32:2017/03/13(月) 08:04:39.21 ID:

先祖は火薬などの薬品調合をやってて、それを知ってか知らずかは別として、
本人も化学メーカーで働いていたというのがすごいなぁと。
33:2017/03/13(月) 08:04:56.90 ID:

>>9
え?
10年かけて古文書読めるようになったのに??
え????
34:2017/03/13(月) 08:06:44.99 ID:

立場上召抱えられることはないけど、年貢とか優遇されてたんだろうな
35:2017/03/13(月) 08:07:02.67 ID:

人は記憶型と思考型に大別できる

武士には禄と役がある
禄とは領地
役とは仕事
>>1を読む限り領地は持ってなかったようだね
ま、早い話が奉公人だね

36:2017/03/13(月) 08:07:06.38 ID:

>>9
文字も読めないアホは黙ってろ
37:2017/03/13(月) 08:07:53.60 ID:

「しゃべったから後継者から外すね」
38:2017/03/13(月) 08:08:00.83 ID:

餌がちくわとか贅沢な犬飼ってるよな。
39:2017/03/13(月) 08:08:27.86 ID:

ニンジャはいない、いいね。
40:2017/03/13(月) 08:08:31.02 ID:

スロッカス湧いてワロタ
41:2017/03/13(月) 08:09:05.85 ID:

甲賀組お庭番は時代が降ると単なる警備員の役割になったので、吉宗は紀伊から根来衆を連れてきて諜報組織にした
43:2017/03/13(月) 08:09:55.22 ID:

>>9
レス乞食韓国人
44:2017/03/13(月) 08:10:31.79 ID:

よし、伊賀と忍術勝負をしてもらおう(名案
46:2017/03/13(月) 08:11:08.98 ID:

>>9
働けやブス
47:2017/03/13(月) 08:12:06.58 ID:

甲賀は尾張徳川家受託
伊賀は織田豊臣真田家受託
これであっているか?
48:2017/03/13(月) 08:12:41.35 ID:

情報撹乱を図ったニセ情報の可能性も
50:2017/03/13(月) 08:13:22.29 ID:

最強の忍者は
とび加藤こと加藤段蔵だよな?
54:2017/03/13(月) 08:15:17.25 ID:

>>31
武蔵の子が16歳で信長に使えるって凄いな
56:2017/03/13(月) 08:17:56.21 ID:

1年に一回出仕するだけで給金が貰えたってそれ違うからな、ただ普段の活動内容を書面には残せなかっただけだから
57:2017/03/13(月) 08:18:14.23 ID:

>>54
本人の初陣が関ヶ原なのにね
流行りのタイムスリップものかな?
58:2017/03/13(月) 08:18:44.01 ID:

手裏剣はでてこなかったのか?
59:2017/03/13(月) 08:19:49.78 ID:

煙巻煙三とニャ~リ~ンが居た忍者族か
61:2017/03/13(月) 08:19:55.92 ID:

>>54
突っ込む所そこじゃねぇw
63:2017/03/13(月) 08:20:42.30 ID:

後サスケと飛猿の系列でもあるのか
64:2017/03/13(月) 08:20:59.17 ID:

コウカ、な
65:2017/03/13(月) 08:21:21.08 ID:

>>31
お通って吉川英治が小説で作った架空の人物だと思ってたけど
実在したんだねー
66:2017/03/13(月) 08:21:37.31 ID:

鉄砲の撃ち方をわざわざ年に一度田舎から出張させて教えてもらわないかんほど
武芸の需要が無かったということなのだろうか
67:2017/03/13(月) 08:21:45.78 ID:

>>47
水戸藩は天皇マンセーさせとく方向にして徳川vs天皇で徳川負けて潰されても水戸は生き残れるように安全策説もあるから甲賀と伊賀と両方を手なずけておくというのもわかる。
69:2017/03/13(月) 08:22:00.82 ID:

>>31
信長が死んだ2年後に武蔵が生まれてるのに息子すげえな
70:2017/03/13(月) 08:22:09.08 ID:

火薬の知識は誰が日本に持ってきたの?

仏教と関係ある?

73:2017/03/13(月) 08:23:17.17 ID:

>>9
個人で死蔵せず、専門家に委ねるのは、まっとうな判断だろ
85:2017/03/13(月) 08:30:37.96 ID:

甲賀はよく悪役にされて気の毒
しかもカリスマ的な大悪はだいたい風魔に持ってかれるし
87:2017/03/13(月) 08:30:50.78 ID:

農民の子孫とか恥ずかしくないのかな?
95:2017/03/13(月) 08:34:54.96 ID:

>>50
でもウンコ出してる最中に殺されたんだよな
99:2017/03/13(月) 08:38:55.49 ID:

>>87
農民と一言で言うが、
上から下まであるんですよ。

上は、土豪と言って、
そこらの武士・武家よりも力があった。
特に甲州・武田に使える農家は、
まさに農民・お百姓さんながら個人軍そのもので、
いろいろな武器をそれぞれが所持し、
普段は、山や土地を何人衆と言うチームを作って守っていた。

当時は、小さな土地の争いや、突然の敵強襲が絶えず、
常に臨戦態勢で、争っていて、
それにかなりの労力と私財をかけて守っていたのだが、
その私財の一部を、大きな武家に献上し、
守ってもらっていた。
武田信玄はまさに兵隊持たずの、巨大組織軍でもあった。

100:2017/03/13(月) 08:38:56.09 ID:

>>31
お前在日だな
104:2017/03/13(月) 08:40:02.68 ID:

下手っていうか本人しか読めないような字を書く爺いるから困る
本人は達筆なつもりなんだろうな
105:2017/03/13(月) 08:40:17.58 ID:

>>99
お百姓さんは黙ってろよ
108:2017/03/13(月) 08:40:51.57 ID:

そういう古文書はわざわざ現地にいかなくとも、国会図書館に写しがあったりしないもんなんですか?
109:2017/03/13(月) 08:42:59.11 ID:

>>85
北町奉行も江戸末期までヒーローが居なかったし
大岡から100年近く何していたんだろう
111:2017/03/13(月) 08:44:19.82 ID:

>>1
解読って表現が妥当かどうか。暗号で書いてあるわけじゃなく、現代人にとって読みづらいだけで当時の人は普通に書いてただけだから
116:2017/03/13(月) 08:45:30.16 ID:

>実は、先祖が忍者であり、家に古文書が残されていることは、両親からも一切聞かされていなかった

怪しい

119:2017/03/13(月) 08:46:08.13 ID:

>>9
おまえ、自称歴女で安倍晋三支持者だろ?
120:2017/03/13(月) 08:46:55.59 ID:

いくら親から聞いて無くても、床の間の壁が隠し扉になってたり、両親の語尾が「ニンニン」だったら分かるだろ?
128:2017/03/13(月) 08:50:33.96 ID:

昔も今も変わらずの話なんだが、
小さい頃、まだ物心も無い頃に
洗脳教育をすると、大人になっても意外と違和感無く、
その洗脳教育に従う。

それを利用し、赤ん坊の頃に人拐いで連れてきて、
大きな土地をもった土豪が、
自分の土地、主に一目に付きにくい山の中で、
忍者を養成していた。

忍者と言っても、いろいろで、
武闘派(体力系)もあれば、諜報派(ディスクワーク)もあり、
初期の頃は、需要もそれほどではなく、必然的に両方を兼ね揃え、
出来たが、安土桃山のように大きな武家同士の戦いなどになると、
専門がくっきり分かれた。

いずれにしても、忍者も組織編成の中、
人力ながら得意の分野に分かれ、活躍した。
元々、お百姓さんと言うのは、農作メインでありながら
土地に恵まれ余裕が出てきた者や、
いつの時代も少数いる変わり者などが、
いろいろな事を考え作成していった。

手裏剣やら、シコロ、クナイ、
こう言うのを試行錯誤、作成した。
元々の始まりは、五寸釘ナイフを作る感覚で段々
複雑な手間のかかる有力な武器を作成して行った。

131:2017/03/13(月) 08:51:16.24 ID:

>>116
普通そう感じるよな
何で一切聞いてなかった人が
>2000年に忍者研究などをしている団体のメンバーとの会合
に参加して
>「渡辺善右衛門について教えてほしい」と尋ねられた。
んだろう
135:2017/03/13(月) 08:53:30.63 ID:

>>120
ハットリじゃないんだからそんな間抜けな語尾なんて無いで御座る
137:2017/03/13(月) 08:53:51.06 ID:

>>1
もはや戻れぬ!
142:2017/03/13(月) 08:57:53.88 ID:

>>120
代々チクワが大好きな犬を飼ってたりな
150:2017/03/13(月) 09:02:49.81 ID:

>>18
火薬の配合まで書いてあって凄いな。
「実際に飛ぶか分からない」とか言ってないではよ実験しろよ!って思ったw
161:2017/03/13(月) 09:11:52.84 ID:

俺が知っている忍者は
今でもいるが、見た感じ、
昭和生まれだから、
高齢で、深い山に今でもいるが、
生まれは意外で沖縄出身だ。
165:2017/03/13(月) 09:14:25.17 ID:

>>131
退職して暇を持て余してたし、話し相手も出来るだろうからサークル活動に参加してみた、みたいな感じじゃね?
168:2017/03/13(月) 09:15:39.90 ID:

>>119
安倍と何の関係があるんだよカス
169:2017/03/13(月) 09:15:59.29 ID:

>1
朝鮮忍者を源流とする風魔一族のほうが圧倒的に格上なんだがな
風魔一族を徳川家が恐れるあまり
一族の血筋は絶え、出自などの伝承も失われたのは、本当に酷い話だと思う
こうやって日本はアジア各地の歴史を嘘で塗り固めてきたんだナー
171:2017/03/13(月) 09:17:55.67 ID:

>>87
え?
いわゆる武士だって元々農民だろ
バカなの?
173:2017/03/13(月) 09:20:21.48 ID:

>>105
でお前は皇族か貴族なのか?
174:2017/03/13(月) 09:20:54.44 ID:

>>169 風魔が滅びたのは術におぼれ術によって為すべきこと達成すべき目的を見失ったからではないだろうか。
とはいえ、武具として遺産が少し遺されてるだけで満足すべきだよ。
もっと弱ければ何も遺らなかったんだから。
177:2017/03/13(月) 09:23:20.14 ID:

>>169
わざわざ地名と日本語を組み合わせた言葉じゃなく、朝鮮語で忍者を表す単語はないのか?
源流なら、当然あるよな?

そう言えば、「桜」って単語は北朝鮮には存在しないんだってな。
ソメイヨシノの自生地を自称している癖に、言語に単語すら存在しないって不思議ダナー

179:2017/03/13(月) 09:25:07.49 ID:

現在確かに存在したと確認されてるだけで
四十九流派の忍者がいる

甲賀や伊賀は有名になっただけ
忍び本来として考えたら
有名になったらダメだがな(´・ω・`)

192:2017/03/13(月) 09:35:08.80 ID:

そういえば忍者の末裔という武蔵一族ってのもいる

http://ninjawarriors.ninja-web.net/index.html
今日は。
武蔵一族の朱雀と申します。

祖父は100年前に影の仕事を請負うのを止めました。
しかし、隠密衆の文化を父に伝え、それが現在でも継承されています。
忍びの文化は「空(くう)」の思想を体現するもので、
現代に活かせる知恵が沢山あります。
そのような技や知識をご紹介したいと願っています。

スポンサードリンク

197:2017/03/13(月) 09:38:52.37 ID:

甲賀市甲南町杉谷の渡辺俊経さん(78)
渡辺さんは甲賀忍者の末裔に当たり
同市内に残る古文書の解読や実地調査を進めている
「甲賀忍術研究会」の副会長も務める。

それで今頃、古文書がでてくるのかよ
わけ分からん企画を立案するより
一番に自分家探せよ(´・ω・`)

198:2017/03/13(月) 09:41:05.47 ID:

>>179
有名になったらダメ・・・じゃなくて、
殺される時代だよ。
当然、風葬だし、家族にも知らされない。

”忍者”に興味がある人が言う忍者は、
江戸時代の忍者では無く、それ以前の忍者だと思うぞ。

元々、忍者のような事は、
組織を形成し、優位を保つために、
それこそ、縄文時代からあった訳だが、
外国ではあるがインディアンみても分かる通り、
忍者が、”忍者”と構えたのは、
大きな武家に就いたからこそのもので、

家族をもった忍者は少しでも良い生活を求めでもあり、
それ以外の忍者は、浪人扱いから這い上がる為に、
特技を努力していた訳で・・・。

忍者といってもまちまちなのが現状。

202:2017/03/13(月) 09:45:08.36 ID:

>>87
ほとんどがお百姓さんなのになに言っちゃてんのコイツ(((^_^;)
213:2017/03/13(月) 10:02:52.75 ID:

>>197
定年後 やっと時間ができて
調査したんじゃね?
ジジイになると、なんかやりだす人多いよ
215:2017/03/13(月) 10:04:53.58 ID:

>>9
死んでろお百姓さんの末裔の高卒
217:2017/03/13(月) 10:09:18.87 ID:

>>169
風魔といえば「忍者旋風」フジ丸を思い出した。
219:2017/03/13(月) 10:10:42.69 ID:

時代的にの話なんだが、
鎌倉の鶴岡八幡宮の十ニ坊が石ノミで掘った”梵字”を見ても、
江戸時代頃の話がせいぜいでしょう。

安土桃山時代を探るには、
非常に難しい話。

忍者、僧侶、など、職種は多岐に渡るが、
忍者は、幼い頃誘拐から始まり、
僧侶は、家族子が多く養えないから幼少期から御奉公で、
農民は、飢饉で苦しんだり、
疫病等で男児は大人まで成れなかった人が多かった時代でもある。

220:2017/03/13(月) 10:11:15.58 ID:

>>85
元々伊賀と甲賀は仲が良かったが第二次天正伊賀の乱で、
何故か甲賀忍者が織田信長を手引したおかげて伊賀は不利な戦いを強いられ滅亡してしまった、
信長は非戦闘員を三万人を大虐殺したのさ、
その後江戸の街でも伊賀と甲賀はギクシャクして小競り合いが続いたとしても不思議ではない
221:2017/03/13(月) 10:12:13.85 ID:

>>215
をいをい、お百姓さんは武士の一つ下で身分高いぞ。
士農工商って言葉あるじゃないか。
223:2017/03/13(月) 10:17:40.68 ID:

>>220
滅亡はしてないと思うよ。
場所を変えたんだと思う。
内訳は、自分たちのメリットも無くいざこざに
巻き込まれるのをひどく嫌ったらしい。

場所を変えると同時に、
スタンスも新たにしたそうな。

226:2017/03/13(月) 10:22:52.28 ID:

>>221
士農工商はただの羅列
今は教科書にも載ってない
234:2017/03/13(月) 10:31:31.96 ID:

>>171
>>173
アホなんだな
235:2017/03/13(月) 10:31:40.35 ID:

>>12
平和な江戸の世は仕事がなかった? 甲賀忍者の厳しい“実情”、大量の古文書から判明
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/02/news058.html

> 江戸時代にこの地域の地侍が、

郷士ですね。

236:2017/03/13(月) 10:31:45.91 ID:

>>219 さらに考古学レベル的にはみたら平安末期から寒冷期突入ですからね。
既存の政治組織が全力で対応したけど気候の変化はプレートにさえ大規模な地殻変動をもたらし
地震や噴火と備えなき季節はずれの風雨を頻発させていった。
既存の機構が精密であればあるほど機能不全も深刻になるわけです。
だから食べるものを筆頭に着るもの燃やすものも枯渇して争い奪う時代にはまり込んでいった。
そうした時代が一通りおさまって人口もすさんだ国土が賄いきれるぐらい減ったから戦乱は収まった。
そうした側面からみると誰が何をしたからとかはあまり意味がないですね。
忍者もその戦乱で需要があって、みんなが食い物に困らなくなればひっそりと消えていきます。
再び戦乱が訪れたときのために遺すべき技を伝える一部の人を除いては。
245:2017/03/13(月) 10:37:17.05 ID:

>>226
任那日本府みたいなもんで
消したい勢力がいるんだろうな
261:2017/03/13(月) 10:54:05.06 ID:

>>221
現実をみろよ。
268:2017/03/13(月) 11:03:57.08 ID:

>>261 現実のおお百姓さん衆は農閑期なかんづく収穫後だけしか田畑から離れられなかったからねえ。
町にきた場合の呼び名は「おお百姓さん衆」。いくら町慣れしてなくても「お」を付けないなんて不可能。
そのぐらいには敬意は払われてたよ。
272:2017/03/13(月) 11:06:38.34 ID:

>>197
読んで内容理解するのに10年もかかるような
ものはなかなか読む気になれなかったんだろ。
275:2017/03/13(月) 11:09:43.39 ID:

>>272 氣團坂(既婚男性掲示板)にはときどき古文書がうぷされて皆で解読してる。
別に珍しくもない。
282:2017/03/13(月) 11:15:20.20 ID:

>>268
でも、お百姓さんとお役人の間で、
結構、血みどろの戦いになった事があったようだね。
”一揆”とは言うが、最終的に、統括した農民の長が、
最後、死刑になったそうな・・・

武田信玄のお寺に行くと、全国の一例だとは思うが、
教育委員会の名前で、史跡として看板に書かれていたよ。

いろいろな武具・武器が開発された頃は、
やっぱり安土桃山の戦国時代でしょう。
忍者が活躍していた必然的時代も、この時代だと思われる。

ところで・・・
昭和の頃、小田原城の中に展示されていた
巨大なガラスパネルに、たくさんの当時の武器が飾って展示されていたが、
持ち主の借受け契約が終わり、
残りは姫路城へとか解説員の人が言っていたが、
姫路城に大量に武具が今も飾ってあるの???

何メートルもある大きな槍とか、当時みた時は本当に感動した物だ。
帰りに木製の日本刀のおみやげ買って我慢したけども

290:2017/03/13(月) 11:28:05.08 ID:

>>168
過剰反応すんなクズ
294:2017/03/13(月) 11:34:02.79 ID:

めがね出っ歯でカメラぶら下げたNINJA
297:2017/03/13(月) 11:35:48.66 ID:

>>282 へえ。小田原城にねえ。
近いけど物心つかない赤ん坊のときに持ち込まれただけでした。
花見のときいつも外だけなんですが這入ってみますね。
298:2017/03/13(月) 11:36:17.87 ID:

>>85
関ヶ原の前哨戦の伏見城戦で西軍に寝返って内側から手引きしたからじゃね
303:2017/03/13(月) 11:39:42.93 ID:

>>1
朧タソはこの中には入ってないのかw
304:2017/03/13(月) 11:40:44.53 ID:

隠密とはまた違うの?
306:2017/03/13(月) 11:42:23.13 ID:

本当は忍者は地味な仕事しかしてないけど残された書物には水の上を走るとかめちゃくちゃ書かれてるから日本人含め世界中が勘違いしてる

 

おすすめ記事