政府は、航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる「空対地ミサイル」を導入する方向で検討に入った。

1:2017/06/26(月) 09:32:27.66 ID:

自衛隊への導入は初めてとなり、2018年度予算に関連経費の計上を目指している。
国内の離島有事に備えるのが主目的だが、自衛のために相手国の基地などを攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を念頭に置いているとの見方もある。

複数の政府関係者が明らかにした。空自のF4戦闘機の後継となるF35は米軍などが採用している。敵のレーダーに探知されにくい高度なステルス性能を持つ。
空自は計42機を導入し、今年度末から三沢基地(青森県)に順次配備する予定だ。

このF35に導入する有力候補として検討しているのは、F35の国際共同開発に参加したノルウェーが主体となって開発中の「ジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)」だ。
海上の艦船を狙う「空対艦」とともに、空自が現在保有していない「空対地」ミサイルの能力を併せ持ち、射程は約300キロ・メートルとされている。

(ここまで442文字 / 残り752文字)

F35の概要

配信 2017年06月26日 08時38分
YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をして読めます
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170625-OYT1T50122.html

 
 

いろんなコメント

3:2017/06/26(月) 09:34:04.69 ID:

むしろ今まで無かったのがおかしいだろ
4:2017/06/26(月) 09:34:12.06 ID:

検討とか馬鹿か
さっさと積め

ついでに弾道ミサイルと原潜と核兵器も持とうぜ

5:2017/06/26(月) 09:34:19.12 ID:

>>1
クラスター弾も買っとけ

6:2017/06/26(月) 09:34:45.67 ID:

JSMの実戦配備予定は2025年
しかも弾頭は小さい
7:2017/06/26(月) 09:35:12.78 ID:

>>1
宝の持ち腐れだし弾薬庫内で暴発するのが関の山だやめとけ
8:2017/06/26(月) 09:35:31.17 ID:

当然だろ
攻め込まれても反撃の手段無いんじゃ抑止にならんだろ

スポンサードリンク