今から1000年以上前、現在のスウェーデン南東部にあたるビルカという都市で、裕福なバイキングの戦士が葬られた。
立派な墓には、剣と矢じりが添えられ、2頭の馬も一緒に埋葬されていた。
バイキングの男にとって理想的な墓である……たいていの考古学者はそう考えていた。

1:2017/09/17(日) 17:02:47.86 ID:

NATIONAL GEOGRAPHIC:2017.09.15
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/091400054/
(動画・画像・全文は掲載元で)


兜、鎖かたびらを身に着け、恐るべきバイキングの姿を再現する人々。

 
 ところが、研究者が遺骨のDNAを解析したところ、予想外の事実が確認された。墓の主は、女性だったのだ。

 研究結果は、9月8日付け学術誌「American Journal of Physical Anthropology」に掲載された。
ヨーロッパ全土で何百年にもわたって交易と奇襲を行ってきた中世の船乗り、バイキングのありようについて、考古学者の間に驚きが広がっている。

「これまでビルカの墓は、バイキングの男性戦士の『理想』の墓と考えられていました」と、米ベイラー大学の考古学者デービッド・ゾーリ氏は話す。
「この研究結果は、考古学的解釈の核心に触れるものです。つまり我々は常に、性別による役割分担について自分たちの解釈を当てはめてきたということです」。
ゾーリ氏は今回の研究には関わっていない。

 バイキングの伝承は、戦士が男性だけではなかったことを以前から示唆していた。
10世紀初めのアイルランドの文献には、インゲン・ルーア(赤い娘)という女性戦士が、バイキングの船隊をアイルランドへと導いたとある。
またゾーリ氏は、13世紀の「ボルスンガ・サガ」を含むバイキングの物語の多くに、男性戦士と共に戦う「盾を持った乙女」が登場すると指摘している。

 だが、こうした女性戦士の記述は単なる神話的脚色だと考える考古学者もいた。現代で期待される男女の役割を反映したバイキング観ということだ。

■長年、男性と考えられてきた戦士

 1880年代の終わりに発掘されて以来、考古学者たちはこのような固定観念にもとづいて「ビルカの戦士」の遺骨を見てきた。
教科書には、この墓は男性のものと記された。
しかし、骨そのものからそれがわかったわけではない。遺骨は剣、矢じり、槍、そして殉葬の馬2頭と共に見つかったため、考古学者はこれを戦士の、つまり男性の墓だと考えたのだ。

 ナショナル ジオグラフィック2017年3月号のバイキング特集で報じた通り、スウェーデン、ストックホルム大学の生物考古学者アンナ・シェルシュトレーム氏は、その推定を覆した。
同氏は、遺骨の骨盤と下顎を初めて詳しく分析。女性に典型的な寸法と一致するという結果が出た。

 シェルシュトレーム氏の分析結果は、2014年に学会で発表され、2016年に学術誌に掲載された。だが一般の反響はそれほどでもなく、一部の考古学者から批判を受けた。
墓地の発掘は100年以上前に行われたため、ラベルが誤って付けられたのではないか、別人の骨が混ざっているのではないか、といったものだ。

 そこで、スウェーデン、ウプサラ大学の考古学者シャーロット・ヘデンスティーナ=ジョンソン氏の研究チームは、骨の調査に立ち返り、2種類のDNAを取り出した。
被葬者のミトコンドリアDNAは母から子に受け継がれるため、遺骨が1人だけのものか、数人分か判定できるはずだ。
そして核DNAの断片が、「戦士」の生物学的性別を明らかにするはずと考えたのだ。

 結果は明白だった。骨からY染色体は全く検出されず、あちこちの骨から取り出したミトコンドリアDNAは全て一致した。遺骨は1人の人物のもので、その人物は女性だった。

 ヘデンスティーナ=ジョンソン氏らの研究チームは、この女性はおそらく戦士であり、しかも尊敬された戦術家だっただろうと話す。
以前のインタビューで同氏は、「膝の上にゲームの駒がありました」と話している。
「彼女が戦術を立てており、リーダーだったことを示唆しています」

(以下省略)

▼前スレ(★1、2017/09/17(日) 11:24:54.35)
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505615094/

2:2017/09/17(日) 17:03:20.85 ID:

映画化しそう
12:2017/09/17(日) 17:05:52.46 ID:

つまり、バイキングかと思ったらバルキリーだったと…
13:2017/09/17(日) 17:06:01.84 ID:

ビッケが女の子風だった理由がこれだ

25:2017/09/17(日) 17:10:28.45 ID:

>>1
女もいただろ
42:2017/09/17(日) 17:17:46.14 ID:

>>1
イエスキリストもユリウスカエサルも女性だったらしいぞ
最近ではチンギスハーンやブッダやナポレオンボナパルトも女性だという話もある
しかも全員、韓国系
53:2017/09/17(日) 17:26:11.12 ID:

おそらく若いころは美しい淑女だったんだよ
そして年上の親方のもとに嫁いで、親方が徐々に年老いて戦いに出られなくなって・・・
妻が代わりに出陣するようになって、(たぶん右腕に鍛えられる)徐々に隠れていた才能が目覚めて

色んな武勇伝は晩年なのかもしれないよ、ムキムキになった頃の
親方(旦那)の鎧と剣を振り回していたと思う
だからたぶん夫婦で作り上げた伝説

・・・すまん妄想しちゃった

62:2017/09/17(日) 17:37:59.64 ID:

>>53
信じて送り出した可憐な愛娘が

ムキムキマッチョになって帰ってくるんだよね

64:2017/09/17(日) 17:38:21.86 ID:

ヴィンサガの弩つかいみたいなのを想像したい
95:2017/09/17(日) 17:55:09.46 ID:

逆バージョンで始皇帝は女だったとか無いの
125:2017/09/17(日) 18:22:27.41 ID:

>>1

のっぽのトルケルが女だったとか胸熱wwwwwwwwwww

まあ、ゲルマン人の女の気の強さを考えたらありえるわなwwwwwww

153:2017/09/17(日) 19:09:15.55 ID:

神取忍みたいな人だろうなあ
神取は佐山聡の新団体立ち上げのお祝いに来てて
佐山に肩幅すごい立派っすよね~僕より有るんじゃないっすか?って言われて測ったら佐山より広かった
166:2017/09/17(日) 19:22:03.86 ID:

なんで皇室の話になってるの?w
まあ昔の皇族も「極東のバイキング」みたいな一族だったんだろうけど
大陸から渡ってきてどれぐらいの年数でそういう位置になれたんだろうね
167:2017/09/17(日) 19:23:19.71 ID:

同じことやってても、バイキングはなんかイメージいいよなあ。
倭寇はどうも評判が悪い。
168:2017/09/17(日) 19:25:30.18 ID:

>>166
いや、天孫族は陸の民だよ。「山幸彦」だし。
んで、ムナカタやアツミやスミヨシの海人族を使う立場。
169:2017/09/17(日) 19:25:53.59 ID:

>>167
そりゃ、朝鮮の成り済ましが多かったからな
後期はほぼ朝鮮だったそうだな
174:2017/09/17(日) 19:28:44.06 ID:

>>1
FGOが採用!
175:2017/09/17(日) 19:29:17.92 ID:

意外と海賊には女戦士が多いんだよ。
日本の瀬戸内にもそういう伝承はいっぱいある。
188:2017/09/17(日) 19:37:28.66 ID:

ヴィンランドサガはいつヴィンランド(北米)に着くのか。。
地中海に向かってるじゃん。
195:2017/09/17(日) 19:42:37.72 ID:

>>175
イギリス(アメリカ?)に有名な女海賊2人いるな
2人共に最後捕まって死刑判決受けるが、獄中で出産死亡という事になっている
(1人は密かに仮出所し結婚して80過ぎまで生きたという説あり)
197:2017/09/17(日) 19:44:10.17 ID:

>>125
日本人の手にかかれば偉人有名人は美女美少女に早変わりさ
204:2017/09/17(日) 19:48:38.51 ID:

>>195自己レス

アン・ボニー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%8B%E3%83%BC

メアリ・リード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89

スポンサードリンク

237:2017/09/17(日) 20:13:05.12 ID:

ID:UTUlKguk0 ID:Yx4oJEaB0 >>1-10
ID:ZKGqoF4m0
支那南部の、港町の娼婦から、
アジア太平洋大海賊の大頭領に。チン シ

チン・シーが生まれたのは、清王朝が最盛期だった1775年ごろ。
生い立ちについてはほとんど明らかになっていないが、彼女が26歳になる頃には、
すでに広東(カントン)の水上売春宿に
身を沈めていたという。
そこで、「紅旗幫(Red Flag Fleet)」という海賊団の長だった鄭一(チェン・イー)から気に入られ、
やがて2人は結婚することとなった。

結婚までの経緯は、「海賊が無理やりチン・シーを誘拐した」とする説や、
「チェン・イーが普通にプロポーズした」とする説など、研究者によって意見が分かれている。
どちらにせよ、チン・シーは結婚後、
海賊団の運営を手助けするようになった。
その後数年間で、紅旗幫の艦隊は
200隻から600隻に急成長。他の
アジア太平洋の海賊たちと連合艦隊を組織し、その規模は1807年までに1700隻を超える大海賊団となった。
しかし同じ年、もはや、支那海賊ではなく、
アジア太平洋海賊連合艦隊の「提督」となった、
チェン・イーが、台風で命を落とすことになる。

▼アジア太平洋海賊艦隊の総指揮官
女傑チン・シーが、築いた鉄の掟。

夫の死後、チン・シーはすぐに
紅旗幫を掌握するための工作を開始。チェン・イーの養子だった張保仔(チャン・パオ・チャイ)を担ぎ上げ、彼と結婚することで、
地位を堅固なものにしようとした。チャン・パオはもともと漁師の息子だったが、
15歳の時に紅旗幫に拉致されて海賊
の一員となり、その才覚をチェン・イーに買われ、養子となった人物。
海賊団の実権を握ると、チン・シー
とチャン・パオは組織内に新しい規律を布いた。
膨らみ続ける、多民族混成海賊組織を
統制するための、鉄の掟だ:

命令に背いた者は、首をはねられ海に捨てられる

略奪した宝を配分する前に盗んだ者は、首をはねられ海に捨てられる

許可なく女性に乱暴を働いた者は、
首をはねられ海に捨てられる

任務中に密通した者は、首をはねられ海に捨てられる。相手の女性は、
重石をくくりつけられ海に捨てられる。
貢物を収めた村や船で盗みや乱暴を働いた者は、首をはねられ海に捨てられる。
許可なく陸に上がったものは、首をはねられ海に捨てられる。
組織を抜ける場合は、耳をそぎ落
とされる。
醜い女性を捕虜とした場合は、
無傷のまま逃がす。美しい女性を捕虜とした場合は、船員に報酬として与えられるか、もしくは船員が購入できる。
ただし、その女性を手に入れた船員は彼女と結婚せねばならず、本当の妻と同様の扱いをしなければならない。
これに反した者は、首をはねられ海に捨てられる。
これらの規律は例外なく厳格に守られた。

紅旗幫の捕虜だった、イギリスのリチャード・グラスプールは「この厳しい掟が、彼らの戦いにおける勇猛さと、劣勢になっても屈しない力の源となっている」としている。

253:2017/09/17(日) 20:31:34.43 ID:

タロスの教団
ウェイノン修道院
エメレネ・マドリン院長

第三紀360年
国王陛下ペラギウス4世
在位21年目

 多くの人は“ドラゴンボーン”という言葉を聞いた事があるだろう。
我々を統治しているのはもちろん“ドラゴンボーンの皇帝”だ。しかし、この言葉の本当の意味は広く知られていない。
タロスの教団に属する者にとってこれは大切且つ重要な事であるため、
この本ではこれまでドラゴンボーンとして知られてきた者達の歴史とその意味について焦点を当てていきたいと思う。

275:2017/09/17(日) 20:50:04.28 ID:

ビッケの実写版めちゃ日本のアニメ踏襲してたな
ドイツ制作ってのがまた意外
277:2017/09/17(日) 20:52:57.44 ID:

バイキングをステロタイプで見過ぎなんだよね
当時、最高レベルの航海術や技術や知識持ってたんで
女だってガチムチじゃなくても戦争に貢献できたろう
モンゴル帝国もそうだけど、強力な軍団ってのは大抵蛮族と違って先進集団なんだよね
278:2017/09/17(日) 20:53:05.87 ID:

>>275
新しい切り株の上に座るとズボンが破れるって言うギャグも同じだった?
283:2017/09/17(日) 20:59:17.15 ID:

ビッケもまあ強いわけじゃ無いからな。トンチが利くってだけで
284:2017/09/17(日) 20:59:19.36 ID:

>>277
有名な角付き兜自体、そんな馬鹿な装備して戦わねえよってのが実際だしな
戦争にもビジネスにも効率と最先端の技術を用いるのが人の本能なので遊びの要素はない
287:2017/09/17(日) 21:00:35.91 ID:

>>284
兜に愛ってつけちゃ駄目?
293:2017/09/17(日) 21:05:52.76 ID:

きっとこの女戦士は戦士とされながらも
強くもなく戦術家として頭が良かったわけでもなかった
と俺は思う
ただただ可愛いかっただけでマスコットのような存在だったのだと思う
そう考えるのが普通だろう
戦闘も軍師も女にはできないよ
肉体の強さも状況判断能力も致命的に無い
294:2017/09/17(日) 21:08:15.70 ID:

>>287
実際前線に立たない指揮官なら単に目立つだけの衣装の必要があるかもね
296:2017/09/17(日) 21:09:17.12 ID:

>>293
カリグラがまさにそうだな、軍事的才能がある訳じゃないが、軍事的な名前になった
理由は母親が軍に人気で子供は軍のマスコットとして育てられた
303:2017/09/17(日) 21:24:12.30 ID:

日本の女戦士っていうと誰なんでしょ
316:2017/09/17(日) 21:52:17.24 ID:

>>277
いやでも北のヨーロッパなんて
イエティみたいな女の人ばっかだよ?
オランダ女性の平均身長は171cm
平均だからね
ちょっと大きいなーって人は180cmとかざら
323:2017/09/17(日) 21:58:34.17 ID:

>>316
でかくなったのはここ200年
江戸時代は日本人と背の高さは変わらんw
328:2017/09/17(日) 22:02:57.95 ID:

>>323
イエティは言い過ぎだった
別の文献を見たら、埋葬されていた女性は
30代167㎝だった
でも当時としてはかなり長身だったかもね
346:2017/09/17(日) 22:23:26.68 ID:

>>95
子供20人以上いるしさすがに無理かと
355:2017/09/17(日) 22:34:02.58 ID:

マリア・テレジアでも11人が限界だったしな
養子を混ぜれば可能だろうけどな
373:2017/09/17(日) 23:22:46.56 ID:

>>355
16人産んだが育ったのは10人

オーストリア帝国最後の皇帝の妃チタは、23人きょうだいの1人だったとか
23人全員成人したんだそうで驚異

378:2017/09/17(日) 23:48:43.11 ID:

女戦士で画像検索すると、いろいろあるな
383:2017/09/17(日) 23:57:21.47 ID:

昔の人の方が男女の性差に寛容だったよね
日本だって昔は女帝や卑弥呼とか女がトップに立ててたのに

今の男はちっさいなー

410:2017/09/18(月) 02:31:19.43 ID:

>>373 利家とまつとか
14で嫁いだとはいえ11人だからな
それだけ生んでも、正妻の男系が途絶え最終的に血筋は妾の子なのがなんとも
419:2017/09/18(月) 03:46:57.30 ID:



 
428:2017/09/18(月) 05:47:18.48 ID:

女バイキング直虎か
430:2017/09/18(月) 06:17:57.25 ID:

>>428
女城主と言えば、岩村城のおつやの方の方が凄いと思うんだよな。信長の叔母で、その強さと美しさで攻め込んで来た敵の大将が惚れてしまい結婚してしまった。
それで信長に激怒され処刑されてしまうとか凄くね?
443:2017/09/18(月) 09:46:48.04 ID:

うーんバイキングって残虐なクズ集団だろ?フォールアウトのレイダーみたいな。

女的には村を襲って虐殺して女はレイポしたあと奴隷として売ったり遊びで殺したり

そういうことの指示を女性が出してたってなって嬉しいのかね?

444:2017/09/18(月) 10:30:20.84 ID:

>>443
嬉しいとかじゃなく調査の結果そうだったという記事じゃないか?
バイキングやってた地域では食糧難でよく人口減少の危機があったから
そういう人手不足の時は女もどんどん略奪団に加わったんじゃないかな
食糧難で大変なだと働ける年齢のほうをを残して
子供のほうをあきらめて(殺して)繋いでいた(時、地域もある)という研究もあるようだね
445:2017/09/18(月) 10:57:16.49 ID:

It is the great north wind that made the Vikings.

厳しい北風がヴァイキングを作った。 (ノルウェーのことわざ)

この言葉はジョジョにも出てくるので一部の人にはよく知られてるけど
ここでのヴァイキングは敬意の対象
逆境や困難が人を逞しくするという意味

残虐な略奪者というステレオタイプなヴァインキング像は
当時対立関係にあったキリスト教徒たちが広めた悪評で
実態としては高い航海技術に支えられた交易によって利益をあげていた漁民農民の集団で
当時の世界情勢として彼らが自身が略奪されないためにも武装して戦えなければ商売を続けることもかなわなかった
ただそれだけのことなんだよ

446:2017/09/18(月) 12:28:13.66 ID:

>>435
ほぼ男って、ほぼカニみたいなもんか
447:2017/09/18(月) 12:30:33.34 ID:

>>445
そんなもんかねえ?フン族の暴王とかチンギスハーンを考えるにんな甘いもんじゃないと思うけどな。あのローマですら結構血なまぐさいことしてるのに。
448:2017/09/18(月) 12:34:29.04 ID:

>>447
馬に乗っている連中は草原であればどこまでも進めるけど船に乗っている連中は沿岸でしか暴れられないから
449:2017/09/18(月) 12:37:31.46 ID:

>>443
単純に戦士だから男だと思ってら違ってた、思い込みは良くないねって話だよ
450:2017/09/18(月) 12:46:05.55 ID:

>>419
スゲー、マジのブロンドだな眉毛が無いみたいに見えるんだよねー
455:2017/09/18(月) 14:34:48.50 ID:

>>450
「金髪碧眼=野蛮な田舎者」が中世くらいまでの欧州では常識だったそうな

 

おすすめ記事